スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンドーサは面倒さ ~南米最高峰~

12/30 Vina del Mar ,CHILE ~ Mendoza ,ARGENTINA

ひさしぶりに1人でさっさと準備をする。

朝7時に出発しようとすると、SatoshiとAsamiチャンがわざわざ起きて見送ってくれた。

見送るのも見送られるのももうなれてしまったけど、なんかたまらない。
寂しいとかじゃなく、たまらなくワクワクする。
Satoshi夫妻とはウユニを越えた。
体調不良のオレを無事チリまで運んでくれたありがたい夫婦。

次は誰とどこで会うだろう?


たまんねーな!



CIMG1026.jpg
(朝の駅。昨日の昼の駅とかわらない。でも気持ちは全然違う)





CIMG1024.jpg
(Satoshi、Asamiチャン夫妻と。ありがとうマイドクター!)




昨日の電車チケットの余りでビーニャデルマールのターミナルへ向かう。

ここの電車はあたらしく、改札もスイカみたいにピッと通過する。
デカイ荷物で改札につっかえながら通過して、人の少ない朝の電車に乗った。





CIMG1034.jpg
(朝のビーニャデルマール)


CIMG1028.jpg
(消防車と犬。勝手にドラマチック)





メンドーサ行きのバスはターミナルを時間通りに出発。
朝8時に出発し、到着は7時間後くらいになるらしい。


今日も窓側、そして左側。
昨日チケットを取る時にしつこく指定した左側。
これできっと、国境を越える時にアコンカグアが見えるはず!




山や登山の事は大好きだけど、ボリビアにて高地に向いていない事が判明したオレは、絶対に登ることはないけど。



うとうとしながらバスはアンデス山脈へと入って行く。

ペルーやボリビアでみたアンデスの山とはまた変わり、黒くガリッとした岩山が道路ギリギリで切り立っている。

なんつーか、攻撃的だ。
草木も生えないくらい岩で出来ていて迫力がある、硬派な男らしい山に見えた。

きっと男塾3号生くらい硬派やな・・。



バスはずいずいと山を登って行き、ポテチの袋がパンパンになって行く。
ちらっと高山病を思い出したけど、まあもうさすがに順応してるでしょう。





IMG_1650.jpg
(男塾三号生筆頭、大豪院邪鬼)







しばらく男塾の中を走って行くと、その無機質な岩山の隙間から白く雪を冠した高い山が見えてきた。
周りを囲む、黒い男山の隙間に見える白い山はとてもきれいで、ドキッとする。



さて・・・、



どれがアコンカグアだ?



白い山は男山の隙間にいくつも見える。
どれも高く、そしてどれが一番高いか全然わからない。


うーん、そろそろ白手袋のバスガイドさんが「左手に見えますのが・・」なんてやってくれるとありがたいのだが、おっさんの車掌さんしかいない。


そしてそんな事もちろんしてくれない。

この車掌・・・この優しさの無さ・・・江田島平八!?




とりあえず、雪のつもった山を片っ端から写真に撮る。

まあ、どれかがアコンカグアやな。



IMG_1606.jpg
(雪山が少しずつ増えてくる)


IMG_1604.jpg
(これか???)


IMG_1613.jpg
(うねうね登る)


IMG_1617.jpg
(これか???)


IMG_1625.jpg
(車、ちっさ!)




白い山写真家になりながら、10山ほどコレクションを増やした頃、バスはアルゼンチンの国境に着いた。

山の合間にポツンとある代々木体育館みたいな建物に続く車の列にバスが並ぶ。
乗客はバスを降りて身体を伸ばしている。


運転手に1枚の写真を見せながら、
『これアコンカグア?』
と聞くと、
「おう、そうだぜ!」
と親指を立ててにっこり教えてくれた。


それはいくつも撮った山のなかで見た瞬間に『うわ、これはなんかカッコいい!』と思った山だった。
やっぱりオーラが違うな、アコンカグア。


山の隙間から見えたテーブル状の雪山。
見た瞬間、遠いのか近いのかわからない、不思議な感じがした山。

白い山写真家のオレの目はごまかせないぜ、アコンカグア!






IMG_1639.jpg
(じゃじゃーん!これでした!)


IMG_1640.jpg
(南米最高峰アコンカグア! 数々の命を飲み込んだ、魔の山。知らんけど)


IMG_1641.jpg
(アルゼンチンとチリのイミグレーション)


IMG_1645.jpg
(中はこんな感じで並んでいる)





無事アコンカグアを見れていた事を確かめ、一安心。
もうメンドーサまでする事ないな。

1時間以上かかってアルゼンチンのイミグレーションと荷物検査をバス単位で受け、無事にアルゼンチンに入国。

なじみ深い青と白の国旗がなんか嬉しい。



アルゼンチンに入ると、山は怖い岩山からレジャーの対象となっていた。
シーズンオフのスキー場やロッジがチラホラとあり、チリ側の男山の緊張感はない。

山に娯楽を求めている時点で、さらにアルゼンチンの余裕を見た気がした。




バスは山を徐々に下り、それと同時に緑がゆっくりと増えていく。
1時間ほど山間を走るとたまに村を通り過ぎる。


なんか、アメリカで言うとテキサスみたいな感じかなあ?
行った事ないけど。



緑と赤い土と酪農の村。
カウボーイがいそうなそんな村が多い。

さすが肉の国、アルゼンチン!




IMG_1649.jpg
(バス、捨てちゃえ)


IMG_1655.jpg
(スケールでかい!久しぶりに)





そしてさらにメンドーサに近づくと、牧場はぶどう畑へと変わって行く。
ワインワイン!


メンドーサはワインの町。
そしてそれ以上の情報は知らん。
見所もない。





IMG_1665.jpg
(メンドーサ近くのワイン畑)





どうワクワクしていいのか戸惑ってるうちに、16時頃、メンドーサのターミナルに到着した。

アルゼンチンの物価は高い。
チリもボリビアから一気に物価が上がったけど、さらにその上を行くアルゼンチン。

バスを降りると宿の客引きのおばちゃんがユースホステルの情報をくれる。


ふんふん、以外とよさそうだなあ。

おばちゃん割引もあるという事で、中心近くにあるユースホステルにすんなり決めた。





・・・。





そう、すっかり民宿アコンカグアの事は忘れていた・・・。





ユースホステルに送迎扱いになるタクシーに乗り、10分ほどでユースに到着。

年越しくらいはゆっくりしたいなあ。
ということでちょっと奮発してシングルルームに入った。


よっしゃあ!

久しぶりのパンツイッチョやでえ!!!
快適シングルルームで重い荷物を下ろし、重いTシャツを脱ぎ、重いGパンを脱ぐ。

亀仙人の修行を終えたときの事を思い出すなあ!



ちょっと休憩した後、ユースの近所を徘徊。
年末だからか小さな町に、思った以上に人が多い。
明日の紅白にそなえ、蕎麦やら餅やら買い込んでるんだろう。


中央市場を覗くと人ごみで進めないほど。
治安も悪くは無さそうでとりあえず安心した。


ユースの近くにスーパー(カルフール)があったので、さっそくそこで食料を調達。
でも今日は、ユースで無料ディナーサービスがあるらしいので、ワインとサラミとつまみを購入。



うひひ、これで1人で優々と年越しができるぞ!

そう、独りで・・・。




病み上がりを考え、メンドーサではゆっくりしよう。
その為のシングルルームやしな!



宿に戻ってゴロゴロくつろぐ。
シングルルーム、なんて贅沢!


ゴロゴロ最高!
ああ、一生ゴロゴロしてたいなあ・・・。



IMG_1668.jpg
(メンドーサのユースホステル)


IMG_1667.jpg
(そしてオレの城!パンツイッチョの国!)




9時半になったので、ユースの屋上に無料ディナーを食いに行く。

まあユース特有の外人コミュニティーがあり、ちょっとツライ。
なんだかんだ言って、欧米人の旅行者は1人旅の人が少ない。
そしてムダにワイワイするのでどうも付いていけない部分がある。


フォー!とかヒュー!とかすごくカラぶって見えるのはオレだけかなあ?

まあ、しゃべれないしな、しょうがない。
と独り寂しく無料のサンドイッチを食う。


もっとバーベキュー的などっしりしたのを期待してたのに。
ケチやなあ。



2個ほど食ったらさっさと部屋に引き蘢った。

まあ、明日は年越しだからもっと盛り上がるだろう。。。
そしたらちょっとは参加してあげてもいいかな。



贅沢で優雅なシングルルームがすごく広く感じた30日の夜でした。



2011年まであと1日・・・。





IMG_1670.jpg
(さほど盛り上がらない、無料ディナーサービス)


IMG_1671.jpg
(しょぼ・・・)






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。