スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタ、来るか!? ~ウユニ塩湖は白くない~

12/24 Same day ,Uyuni ,BOLIVIA


リャマがうろつく荒野を車が走る。

荒野はとにかく広く、遠くの山は蜃気楼で浮いて見えた。

そしていつの間にか・・・荒野は塩湖へと変わった。



IMG_0450.jpg
(塩湖スタート!)




茶色っっっ!!!

ウユニ塩湖、茶色っっっ!!!



雨期と乾期のちょうど入れ替わりのウユニ塩湖。
入れ替わりの時期は茶色がかっているかも、という情報は得ていた。


でも、、、


茶色っっっ!!!





乾期の塩湖は白の世界。
そして雨期の塩湖は薄く水が張って鏡張りになる。

どちらも魅力的な塩湖!



茶色は魅力的じゃないぞ???
まあ、せっかくだから言わないでおこう。。。




とはいえ、多少茶色くてもどちらかと言うと白めな塩湖は、目の前に延々と真っ平らに広がり不思議な景色だ。


歩くとパリパリと音がする。
塩は思ったよりも固く、コンクリートみたい。

ヒビが亀の甲羅のようにどこまでも同じ模様を作り、面白い。




30分ほど車を止めてもらい、写真を撮ったり塩を舐めたり。

うん、しょっぱい!
やっぱり塩やなあ!




IMG_0474.jpg
(茶色くてもはしゃぐでぇー)






さらに塩湖の中へ車は進んでいく。


遥か遠くにちいさく見えた黒点がだんだん大っきくなってくる。

ウユニ塩湖名物、塩のホテルだ。
壁から机から椅子からベッドまで全部塩で出来ている。



オレたちの宿泊も塩のホテルと聞いている!
でもここではないみたい。

とりあえず塩のホテルも見物。



まあ、想像したよりもこじんまりしていて・・・、うん、泊まんなくてもいいな!

確かに塩湖のど真ん中での夜は、ちょっといいかもしれないけど。。。





IMG_0481.jpg
(塩湖の真ん中、塩のホテル)


IMG_0483.jpg
(塩のホテルの風見・・鳥だっけ?)


IMG_0485.jpg
(世界平和を願う!)






塩のホテルで他のツアーの日本人達がツアースタッフと揉めていた。
彼らもラパスで同じ宿だった子達だ。

どうやらツアー申し込み時にここに泊まれると確認したのに、話しが違っていたようだ。
「荷物を降ろして、お前らここに置いて行く!」
「警察呼べ!」
けっこう激しくやりあってる。
大丈夫かなあ・・・。






そんな一悶着を置いて、ホセは次へと車を進める。



どんどん塩湖の中心へ。



5分も走ればすぐにホテルも見えなくなり、どの方向を見ても何もない。
ただ、自分達の車が走っているだけだ。


なんかスケールがデカイとかそういう感じじゃない。


ただ無機質に広く、対象物の少なさからか、なぜか宇宙にいる自分を感じた。




塩湖の中を相当早いスピードで暴走するホセ。
スピードメーターは壊れているから、まあ、10kmだな。

ここでは事故なんて起こしようがないしな。






そして、茶色かった塩湖は進むに連れてどんどん白くなっていった。

塩湖の白さとテンションは比例します。
こんどの学会ではそう発表しようと決めた。





また、はるか遠くに黒い点が見えてくる。

点はどんどん大きくなってきて、白い塩湖に浮かぶ黒い船みたいに見えた。


「あれが Isla Incahuasi(インカワシ島)だ」
ホセが教えてくれた。


黒い船は近づくに連れ、徐々に島になっていく。
そして島にだんだん毛が生えてくる。






毛?



島はだんだん近づいてくる。
やっぱり毛が生えている。




島に着くと毛の正体が判明。
インカワシ島には沢山のサボテンがニョキニョキと生えていた。

「さあ、行って来な」


ホセにいわれて島(15ボリ)に上陸。


まずは・・・バーニョ!
おお、入島に金払っただけあって紙がある!
くだらない事に感激しつつ、バーニョ終了。


ちいさなサボテン山を登った。





IMG_0557.jpg
(インカワシ島。誰がよんだかインカワシ島。意味は知らん)


IMG_0564.jpg
(ニョキニョキ、ニョロニョロ)


IMG_0583.jpg
(メキシコで見たかった風景)


IMG_0595.jpg
(真っ赤なお鼻のサボテン君。鼻はサンタで出来てます)






サボテン島ツアーは1時間くらいで終了。

帰りにもう一度バーニョに寄る。
どうも調子が悪いな。

腹の中のゲイリー君が元気なせいで、オレはまったく元気ない。





さらに車は塩湖を進む。

やっぱりどんどん白くなっていく!


キタキタ、ウユニ塩湖!



歓喜(乾期)のウユニだ!







IMG_0694.jpg
(ああ、来て良かった・・)


IMG_0649.jpg
(振り絞ったジャンプ!)


IMG_0676.jpg
(広い、広い塩湖)


IMG_0530.jpg
(ちょっと湿ってる所)





なんどかホセに車を停めてもらって写真を撮る。


・・・まあ、何もない所で写真を何枚も撮るのは楽しくないな。。。
みんなはけっこうはしゃいでいて楽しそうだ。



さらに進むと今度は塩湖に水が張り始めた。
一昨日降った雨の影響で、塩湖の奥の方は鏡張りになりかけていた!


これはラッキー!
乾期と雨期のウユニ塩湖を両方見れるなんて、いいぞ!


まあ、ピキーンと鏡張りって訳じゃないけど、空もきれいに写っていた。

雨期の場合はピキーンと鏡張りになる。
でも雨期なだけあって、雨が降ったり風が吹いて波が立ったりもするから、いつも見れる訳じゃない。



なんども車を停めてもらってパシャパシャ写真撮影。
真面目なホセは1人、スケジュールの遅れを気にしていた。





IMG_0733.jpg
(なんとか鏡張り。まあ本当はもっとすごいんだろうなあ)


IMG_0743.jpg
(Satoshiご満悦)


IMG_0748.jpg
(うーん、キレイやな)


IMG_0754.jpg
(こっちのSatoshi (a.k.a.体調不良)もご満悦)


IMG_0685.jpg
(しお! はかたの!)


IMG_0767.jpg
(ツアーメンバーと Photo by Asamiチャン)


IMG_0764.jpg
(撮るものすぐなくなって困る)






17時頃、ウユニ塩湖を抜ける。


塩湖を出ると急に土にまみれる。
そして車が塩々になっていた。



未舗装の、ラリー用の道路みたいな道をガタガタと車は進んでいく。
さすが、トヨタ!いい走りじゃないか!



山間の荒野を走り、じょじょに日が暮れて行くに連れ、ホセの気持ちが焦っていくように見えた。






IMG_0775.jpg
(焦り始めるホセ)


IMG_0778.jpg
(山に日が落ちていく)






日が落ち、真っ暗になって1時間半ほど走り、なんとか宿に到着した。


ちいさなちいさな村。
街灯もなく、真っ暗だ。



「塩のホテルじゃないの?」
誰かがホセに聞くと、
「塩だよ、一応」
との返事。

案内された部屋の床の砂利をサンフンが舐める。
「塩だね」


なるほど、塩のホテルだ。
たしかに壁と床は塩でした。






誰かの家の離れを間借りしている様な宿。

お湯を出すにはガス代10ボリ必要。
そのためにガスタンクをホセは用意していたのだ。

水もおじいちゃんとおっさんが屋根にあるタンクにくみ上げている。
キッチンではおばちゃんとその娘が料理の準備をしている。



うーん、ちょっと申し訳ない様な気分。
でも山間の村の慎ましやかな生活が少し、見れた気がして嬉しくなる。


料理はパンとスープ、肉にライス、ポテト。
相変わらずほとんど食えない。

お腹の調子も悪い。
皆に諭され、スープだけなんとか食べ、お茶を飲んで終了。

さいきん諭されてばっかりだ。




力が全然出ない。

腹ぺこの孫悟空の気持ちが良くわかる。

仙豆があれば腹一杯くっちゃうな、オレも。






IMG_0781.jpg
(キッチンのコンロ)


IMG_0795.jpg
(なんとかスープだけ)






チョロチョロとしか出ないお湯にシャワーは諦め、星を見に近くの広場へ。
寒いけど、月夜の星空に南十字星が見えた。



ああ、南半球にいたんだっけ。



ウユニ、楽しかったな。
こんな僻地でもサンタ来るかなあ。





すぐに宿に戻り、塩の部屋で明日に備えた。
今日は何回トイレ行っただろう・・・。

イブなのに。





そして靴下は、わすれた。







IMG_0616.jpg
(ほいほい)


IMG_0625.jpg
(はいはい)






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あけました。

地球の裏側の人よ、あけましたよおめでとう。
なんかお腹壊しまくってるねー。大丈夫?
うつろな顔(半目)のタニシが目に浮かぶようだ。

ウユニいいなぁ。やっぱいいなぁ。憧れのウユニ。

そういえば家の母も、この正月から君のブログを愛読しだしたよ。
お腹壊したらヨーグルト食べ続けなさいって言っていたよ。

あと、寛平ちゃんがとうとう福岡に上陸した。
ゴール絶対見なきゃ。泣いちゃうなー。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。