スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウユニツアー開始! ~イブって何?~

12/24 Uyuni ,BOLIVIA

ブロロロロロロロ・・・

バスはいつものように真っ暗な道を走る。
今日は1番前の席。
夜行だから足を伸ばせる1番前をとった。

ブロロロ・・ブン・・・・プシュー・・・

あれ?
停まった・・・



IMG_0282.jpg
(ウユニ村にあったオブジェ)









窓の外を見ると、ターミナルでもバス停でもない。
というより街ですらない。


郊外の長い真っすぐな道路脇に、小さな土壁の家が数件並んでいるだけだ。

「☆◯■△×◎★※・・!」

ドアを隔てた運転席がなんか騒がしい。
他の乗客も起きて前を気にしている。


バンッ!


運転席のドアが開くと、運転手とか車掌が車外に飛び出して行き、バスの下にもぐりこんで何かを調べてる。


運転席を見ると、なにやらカバーが開いていて、エンジンが丸見え!
「△×◎★アグア! ☆◯■△アグア!」
車掌さんはそう騒ぎながら、ポリタンクを持ってどっかに行ってしまった。


うーん、安いバスにしただけあって、オンボロだからなあ。

運ちゃん達は1時間くらい、アーだコーだと騒ぎ、どっかの家から水をもらってきてエンジンに入れたりしていた。




CIMG0975.jpg
(運転席、むき出しにされたエンジン!頑張れ!)






何の説明もなく、なんとか再出発。

まったく。


他の乗客もホッとして再び眠りについた。





ブロロロロロロロ・・・ロロロロウンウンウンウン・・・

ブロロロ・ウンウン・・・ブン・・・・プシュー・・・




またかよ!


しばらく寝て、うっすらと明るくなってきた頃、こんどはスタックしたみたいだ。
またゾロゾロと運転席から車掌さんと運転手、交代の運転手がでてきて大騒ぎ。


30分くらい格闘してバス再出発。


これを後2回繰り返した後、予定より2時間遅れの朝9時にウユニの村に着いた。






ウユニの村では、ウユニ塩湖に向かうツアーに入らないとウユニ塩湖に行けない。

だだっ広い塩の砂漠なので、当然バスもなければ他の交通手段もない。
ツアーでジープをチャーターし、塩湖に向かうのが通常だ。


しかもオレはウユニ塩湖からそのままチリに抜けたいと思っているので、2泊3日のチリ抜けツアーに入ろうと考えていた。
昨日ラパスでSatoshi夫妻やHanaチャンと相談し、みんなチリ抜けだから村でツアーを探そうと話していた。
でもどうやら1番初めに出発したオレのバスが一番遅く着いてしまったみたいで、バスの停留所には誰もいない。




うーん、どうしよう・・・。




しょうがないので、同じバスでやっぱりチリ抜けを考えている韓国人、サンフンと2人でツアーを探す事にする。
何人かの客引きからツアーのちらしをもらい、村のの中心に向かって歩き出す。


すると客引きのおばちゃんがオレに「サトシ?サトシ?」と話しかけてきた。
「Hanaが待ってるわよ。Satoshiも一緒よ!」



まじで!?


おばちゃんの言う小さな旅行会社に行くと、Satoshi夫妻とHanaチャンがいた。
しかも、オレの分とサンフンの分のツアーも確保してくれていて、値引き交渉(500ボリ)まで済んでいた!



おお、なんて手際のいい手下どもだ!


クリスマスシーズンなので、ツアーがいっぱいになってしまうのを昨日からみんなして恐れていたんだけど、オレのバスの到着が遅れている事を聞いたSatoshi達がターミナルであったサンフンの分まで確保しといてくれたのだ!!!



気が利きすぎだろ!
でかしたでかした。





10時半出発のツアーに備え、荷物を旅行会社に預けると飯を食いにみんなで村の中心へ。
ちいさなレストランでパンとコーヒーを頼む。



体調が万全でないオレは、例のごとくパンを半分しか食べれなかった。

大丈夫かなあ・・・オレ・・。




Hiroサンからオレが遠くを見だしたら注意!と教えられていたSatoshi夫妻が心配そうに見ている。

まあ、なんとかなるかな。。。。






飯を食った後、ツアーまでの時間を小さな村をブラブラしてつぶした。



クリスマスイブの教会を見たり、ちいさな郵便局を見たり、市場を歩いたり。
そして真っ白で眩しい塩湖に備え、サングラス(25ボリ)を購入。
水も買って準備完了!




IMG_0283.jpg
(ウユニの村。ちいさくて、乾いた村)


IMG_0284.jpg
(汽車のオブジェと村民)


IMG_0290.jpg
(朝食食べたレストラン。食欲はやく戻んないかなあ・・)





旅行会社の前に停まったトヨタの4駆。

その屋根にバックパックを積んでもらう。
他にも水のタンクやガスタンクなどいろんな道具が積まれて行く。




ウキウキ・・・

アドベンチャーやな!




IMG_0318.jpg
(旅行会社クリスタルにはクリツマスツリー!)


IMG_0300.jpg
(質素な郵便局。おばちゃんの手作業!そしてクリスマスツリー)


IMG_0304.jpg
(市場で見かけた工具屋さん)


IMG_0315.jpg
(犬とあそぶボブ)


IMG_0321.jpg
(荷物を屋根に積み込む)





11時頃、いよいよツアースタート。

ウユニ~チリ抜け3日ツアーは、ウユニ塩湖だけでなく色んな所に寄りながらチリの国境を目指す。
というよりメインのウユニ塩湖は今日で見てしまうらしい。






まずはウユニ村から15分程度の場所にある列車の墓場、セメントリオ・デ・トレンスへ。

ボリビアとチリを結ぶ鉄道で、昔使用されていた列車が砂漠に放置されている場所だ。
ウユニの塩などもこれで運んでいたらしい。



まあ、ただの列車の放置場所だな。






IMG_0326.jpg
(ウユニの村の電柱。かっこいい)


IMG_0346.jpg
(列車の墓場!かっこ良く言えばね)


IMG_0353.jpg
(リベットがカッコいい)


IMG_0372.jpg
(こんなのもカッコいい。くやしいけどカッコいい)


IMG_0380.jpg
(旅行会社からつれてきたサンタも)


IMG_0385.jpg
(ぃよいしょー! もうなれたもんだ)






セメントリオ・デ・トレンスを30分くらいで見た後、車に乗り込んで次の場所へと向かう。


次の場所はコルチャニという村。
途中の荒野でリャマを眺めながら、車で1時間くらい走った所にあった。





村に着くと、他のツアーの車も沢山とまっていた。
みんな同じルートをそれぞれの車でまわっているのだ。

小さな村の路上、50mくらいに土産物屋の露店が10店くらい並ぶ。



終わり。



他にはなんもない。
お土産なんかより村をじっくり散策したいけど、勝手に離れられないのがツアー参加者の辛い所。





いまいち具合がよろしくないオレは、フラフラと村を見たり屋台でリャマ肉を食ってみたり。

しばらくウロウロしているとツアードライバーのホセ・マルコが昼食を用意してくれていた。





レストランのテーブルを間借りして、ホセの用意してくれた昼食を食べる。
同じツアーのSatoshi & Asamiチャン夫妻、Hanaチャン、サンフン(韓国人)、ファボ(メキシコ人)の皆で小さなテーブルを囲んだ。


うーん、食えないなあ・・・

食事を前にすると、やっぱり食えない。
Asamiチャンに諭されてバナナだけなんとか食べた。


ファボはニコニコしながらガツガツ食いまくってる!
あ、それサンフンのバナナだぞ・・・。





みんなが食べているにもかかわらず、退席。
紙を買って、村のトイレに向かう。



トイレは小さなプレハブにあり、久しぶりの和式スタイルでドアの鍵はかからない。

用を足した後は、外に置いてあるタルから、手桶で水を流す感じ。
なんか、やっとこういう生活感のあるトイレに出会えてちょっと嬉しかった。




IMG_0406.jpg
(たくましい子供。「ウユニ?あっちだぜ?」)


IMG_0429.jpg
(砂漠の中にある、乾ききった村。とそこの子供)


IMG_0432.jpg
(村の所々にあった釜。パンを焼くらしいけどリャマの死体がはみ出てた)


IMG_0439.jpg
(ホセの用意してくれた昼食。リャマ肉。食えない)


IMG_0418.jpg
(リャマ肉屋台のおばちゃん。めっちゃ美味い!体調悪くても美味い!)


IMG_0413.jpg
(カッコいい車。放置?現役?窓には銃痕・・・)






他のツアーの車がどんどん去って行き、最後に残されたウチらもいよいよ出発。



さあ、次はいよいよ待望のウユニ塩湖へ!!!










にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。