スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンホセ、まあ都会 ~バカ田大学早稲田のとなり~

12/08 San Jose ,COSTA RICA


荻野さんに市場を案内してもらう事になり、昼前に4人でサンホセの中心へと向かった。

「この辺は治安が悪いから」
「この辺が安い服がたくさんある所だよ」

やっぱ住んでいる人の情報はリアルでいいぞ。


IMG_8385.jpg
(4人でサンホセの町を歩く)




IMG_8389.jpg
(ノリのいい工事現場のおっさん)


IMG_8395.jpg
(治安のよろしくないコカコーラ地区の市場)


IMG_8401.jpg
(治安のよろしくないコカコーラ地区の信号)


IMG_8403.jpg
(よろしくないコカコーラ地区)




Kentaroのバスのチケットを一緒に探し、その後安い服の沢山売っている地域へ行く。

ナイキやノースフェイスなどのブランド服も含む、ユーズドの服が100円とかでたくさん売っている!
オレは十分に自分の服を持ってきているので何も買わずに近くをウロウロしてた。


次に荻野さんが夕食の材料を買うという事で市場へ。
大きな中央市場は屋内にぎっしりと店が並び、何でも売っている。


やっぱ市場は楽しいなあ!


サンホセのメインストリートは歩行者天国になっていて、渋谷のセンター街みたいな人ごみ。
観光客や地元の人でごった返している。
首都だけあってそこそこ都会で、キレイな町だ。



でも・・・、

やっぱ都会は面白くないな。



IMG_8406.jpg
(安い服がいっぱい!)


IMG_8408.jpg
(近所でかったサトウキビのお菓子)


IMG_8410.jpg
(メインストリート)


CIMG0734.jpg
(市場!)


CIMG0758.jpg
(ブタも売っとる!)


IMG_8413.jpg
(愉快な市場のサンタ)




市場はごちゃごちゃして面白いけど、ほかに見るとこは無かった。


荻野さん、Kentaroと別れ、Keiクンと一緒に市場で荻野さんオススメの飯を食う。

これまた安くてウマい!
なかなかマズイ飯にはありつかないもんだ。



市場をでてKeiクンと別れ、独りで町のはずれへと歩き、荻野さんに教えてもらった住所だけをたよりに、旅行会社へと向かった。


あるいて30分、迷って30分、なんとか旅行会社を発見!
中に入るとおっさんが1人いた。


『学生証作りたいんだけど!』
「はいよー」


オレはわざわざ国際学生証を作りにきたのだ!


まあ、いろいろ勉強しながら旅してるしな!
グフフ、これで学割が効くぞ!

US$10で晴れて学生に!
Tokyo Art Universityだ!
25歳だ!


うひひ。

若いって素晴らしい!




CIMG0752.jpg
(旅行会社、ウヒヒ!)


IMG_8414.jpg
(中心の公園でハトと子供!)


IMG_8426.jpg
(線路をあるく青春まっただ中!)


IMG_8428.jpg
(大通り。排気ガスがケムイ)


IMG_8430.jpg
(この建物気に入った)


IMG_8437.jpg
(小規模な撮影現場も遭遇!)





その後また歩いてサンホセ中心部に戻り、市場で2500コロンでサッカーボールを購入。


中心部から宿まで20分さらに歩く。
もうすぐ宿の近く、という所まで歩いたとき、事件が起こる。




ドスッ!


オレの左腕に何かが当たった。



鳥か?



振り返ると10cmくらいの果物が転がっている。
同時に横を走り抜ける車から「チーノ!Hya-ha-ha!」という笑い声。


くっそう!
やられた!
ぶつけられた!


またチーノ攻撃だ。



"チーノ" とは中国人に対する差別用語
中米、南米を旅していると必ず出くわすアジア人に対する差別だ。


もちろんオレは日本人。でもそんなことあいつらには関係ない。

メキシコから始まり、ずっとこのチーノ攻撃に耐えてきた。


特にキューバはヒドかった。


中国人はあらゆる国に進出していて、チャイナタウンは本当にどこにでもある。
そしてマナーが悪く、金にキタナイとされる中国人は中南米の人からとても嫌われている。
日本人と解っていると中南米の人はとてもフレンドリーなのだけど。


そんなヤツラの前をオレが歩くと、ニヤニヤ笑いながらチーノ!とからかってくる。

オレはいちいち睨みつけながら『ノ チーノ! ハポン!』と返してきた。
ヒドい言い方のヤツには目の前まで歩いて行き、ガンを飛ばしながら文句を言う。

睨みつけながら指を指し威嚇する事もある。
でもそんなのなんの解決にもならないけど。
そして『オレは日本人だ』と返す返答が中国人に対してちょっと悪いな、と思ってしまう。



解っているけど許せない!
無視する事や気にしないようにすることもあるけど、後味は最悪だ。


悪気が無くアジア人という意味でチーノと声をかけてくる人もいる。
そういうのはそこまでハラは立たないけど、それにしてもいい気分はしない。



中国人だろうが、日本人だろうが、オレはアジア人と呼ばれる筋合いは無いし、タニシだ。



小学生くらいのちびっ子から言われることもある。

ニカラグアの高校生の男女4人に「チーノチーノ!」と言われ、『ハポンだ』と返すと「ワンワン!」とからかわれたこともある。
日本で犬の鳴き声を「ワンワン」と表現するのを使ってからかってきた。
目の前まで行って肩をつかんで威嚇したら黙っていたけど、あいつらはその後もアジア人をからかい続けるだろう。

日本ではまず無い。
中国人や韓国人もちゃんと礼儀正しく接する。

やっぱり教育かなあ。
からかってどうなるんだろう?
差別してなにが嬉しいんだろう?


オレがちゃんと話せたら、ちゃんと正す事はできるのかなあ?


これからもっとヒドくなると思う。
南米は中米よりもチーノ攻撃がヒドいらしいし。
でも日本人に対する尊敬も大きい。


関係ないぞ!そんなの。

日本人だって良くないヤツはいるし、中国人だっていいヤツはいる!


黒人が差別されてきたのはもっとヒドかっただろうし、インドのカーストも未だに残っている。
でもアフリカに行ったら黒人からチーノと言われるらしい。

本当にくやしい!
ハラも存分に立つ!


なんとかならんのか!
まったく!






イライラしながら宿に戻り、KentaroとKeiクンを誘い、地元の若者とサッカーをするぞ!と意気込んで近所のグランドへと向かう。

グランドでは遊んでいる人はいなく、サッカー教室が開かれていた。
うーん、これは混ざれないな。


しょうがなく3人でボールを蹴って遊び、暗くなって宿に戻った。



今日もみんなで食事を作る。

ごはんにハンバーグと魚、卵焼きにポテト!
まあ、ほとんどKentaroが作ったけど。





IMG_8442.jpg
(魚を焼いてくれた荻野さん)


IMG_8445.jpg
(ウマかったぞ!)




今日でコスタリカも終わり。

明日は早朝から飛行機で南米ペルーへ向かう。


中米、駆け足だったけど、面白かったなあ。
怖い中米。
貧しい中米。
楽しい中米。

きっとまた来るな。
また来たい。





IMG_8450.jpg
(サッカーボールは宿に寄付! Kentaro)


IMG_8459.jpg
(ジャズ大好き、ピアニカKeiクン)


IMG_8451.jpg
(サイン入りボールを1名様に!)







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

差別


日本人が礼儀正しいなんて事ないよ。
西高東低の感覚で日本人だって同じアジア人への差別は随分ひどいものだよ。

威嚇なんてしないで「めちゃめちゃ哀しい」、という事を真剣に伝えて欲しい。

そろそろ、「俺もお前も同じ人間!」という言葉を覚える必要が出て来たね。
いつも皆で楽しみに見てます!

No title

お元気そうですね!
ゲバラ師匠の下に失礼致します。

私も憧れていた中南米ですが
「チーノ」攻撃があるなんて知りませんでした。
やるせないです。


言葉が通じなくても「同じ人間だなあ~」って
心温まる瞬間もあれば

言葉が通じないからこそ「同じ人間なのに」って
余計に疎外感を感じたり…

国によって様々ですね。


嬉しかったり、悲しかったりですが
沢山の感情を味わえて羨ましいです!!


ところで(*´∀`*)
市場のウリボーみたいな果物?
あれ、なんですかあ~??







No title

おぉっ!ついにマスターゲバラのコメントがっっ!
私の勘違いじゃないといいんだけど…。

私もマスターに賛成。
みんな地球っていうちっこい星に住んでいる同じ人間だ。
つまるとろこみーんなアフリカの大地から生まれて派生した同種のホモサピエンスだよ。
国民性ってのはあるし、国の好き嫌いはあれど、個人としての人間は同じだと思う。

いろんな国に行くと中国人の評判は悪く、日本人は大人しいから好かれるよね。
日本はなにげにいろんな支援(橋作ったり、水道整備したり)を地道にしてるしね。
でもそれだって私が素晴らしい日本人だからじゃなく、どこかの素晴らしい日本人のおかげ。

素晴らしい中国人もいるし、しょーもない日本人もいる。
そんなことはタニシももちろんわかってるだろうけどさ。
だから「みんな同じじゃん」って伝えてよ。
怒りは何の発展も生まないからさ。

だけど中国人ってホントに世界のどこにでもいるな。
つくづくその逞しさは素晴らしい。

No title

こんにちは!ゆうたです!
いろいろとお世話になりました☆
次はアフリカで会いましょう!
5年くらい待っててください♪w

これでいいのだ?

BJJの兄弟子が一番好きな国がコスタリカだと言ってました。
親類も住みやすかったと言ってました。

俺もチーノと何回言われたことか・・・
その他にもいろいろと・・・
何も言えず、今思い出しても情けないです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。