スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チチェンイツァ ~Dead Man Walking~

11/18 Cancun ,Mexico

今日は同室のHiroクンとメキシコ最大のマヤ文明の遺跡、チチェンイツァを見に行く。
朝8:00発の2等バスか9:00発の1等バスの2本しか出ていないらしいので、朝7:00に宿を出た。
YukaチャンとErikoチャンも同じバスで行くらしいので、同行。


ターミナルに付き、バスの値段を2つのバス会社に確認。
うーん、結構高いな。

4人いるし、思い切ってレンタカーをシェアすることに!
おお、メキシコでも運転か!!!
やったあ!


CIMG0065.jpg
(今日のお供。犬、サル、キジ Hiroクン、Yukaチャン、Erikaチャン)



ターミナル近くのレンタカーショップを見つけ、AM8:00の開店を待つ。
もし、これでレンタカーのが高くなったら、1等バスに乗るしか無い!


8時ちょうどに開店した店に入って値段交渉し、一番安い車を400ペソで借りれる事に!
1人100ペソ、ガソリン入れてもこっちのがやすい!


IMG_5517.jpg
(果たし状、レンタカーショップ前で待つ)



ぼろい、重いステアリングのマニュアルカー。
またNISSAN!
すごいな、NISSAN!



IMG_5529.jpg
(今日のロシナンテ)



道をショップのおっさんに聞き、早速出発。

ガソリンが入っていなかったので、10分くらい走ったところでガソリンを入れた。
メキシコでは日本と同じようにスタッフがいれてくれた。

運転をHiroクンと交代しながら、200kmの移動。
カンクン市内の穴ぼこだらけの道を抜け、高速道路へ!
Hiroクンが、「オレ、目が悪いんで昼の明るいうちに運転しときますよ」
と冷静に言う。




『どのくらい悪いの?』
「0.2以下っすねー」

ふ、ふうん・・


彼は目の病気で視力が非常に悪い。
そうかー、目が悪いかー
まあ大丈夫だろ!


メキシコの高速道路は真っすぐな道が多く、見通しがいい。
道路の両サイドは遠くまで密林が広がる。
なんか、いつ遺跡がでてきてもおかしくないな。

なぜかチャリのおっさんが道路脇を走っていてビビる。
前後10km、何も無いとこなのに!!!


IMG_5522.jpg
(運転運転!右側通行左ハンドル = 外車やああああ!)


IMG_5525.jpg
(まっつぐ高速道路)



小1時間走ると料金所があった。
高速料金が220ペソ。


『「たかっ!」』


4人揃って文句を言う。
日本で考えると安いのに、なぜかものすごく高く感じる。


料金所にチチェンのツアーインフォがあり、来るまで行く人用のお得なパックを組んでいた。
チチェンの入場料、駐車場代、昼食バフェを込みで250ペソ。
計算するとギリギリ安いか・・・
Yukaチャンの交渉が成立し、220ペソになった!

うーん、女は強し。
旅であう女性はみんな強いぞ!
男ならすぐに折れる所も絶対折れないな。


さらに1時間はしり、チチェンイツァへ!
普通の正面ゲートじゃなく、パックにしてもらったので裏のホテルの駐車場へ。
そこからチチェンの裏口から入場。


中はお土産屋さんがならび、なかなか楽しい。
マヤっぽい仮面とかマヤっぽい帽子とかマヤっぽい楽器とかマヤっぽいなんかとか。



林の中に小さな遺跡がポツポツとある。
地図を見ると、そんなに沢山はなさそうで、全体も思ったよりはせまいっぽい!


端から小さい遺跡をちょろちょろと見て行く。

うーん、柱。

うーん、柱。

うーん、壁。

写真を撮ってて何が楽しいのか不安になる。
林の中にある感じはなかなかいいけど。。。


IMG_5617.jpg
(ちっこい遺跡。あ!あのドアは間違いなくオーパーツ!)


IMG_5584.jpg
(柱の間(仮)で記念撮影)


IMG_5572.jpg
(「あんな~、きょう、なんか売れへんねん・・・」)



遺跡半分、お土産物屋さんとの話半分で、ゆっくりと進んだ。
Yukaチャンは、露店の後ろでこっそりランチをしているおっちゃんに絡み、タコスをもらってた。
関西弁の彼女は大阪のおばちゃんそのものだ!

「なんかもろた~!」

静かな遺跡に彼女の嬉しい叫びが響く。
なかなかいい遺跡じゃないか!


英語のそこそこできるYukaチャンとErikoチャンは店の人とたのしそうだ。
そこそこできない英語をつかいこなすのはオレのがうまいけどな。



IMG_5565.jpg
(労働者の昼食を奪う、Yukaチャン)




柱と壁と石の写真を撮り、奥へ奥へと進むと・・・



でた!

でたあああ!




ピラミッド!!!!







IMG_5738.jpg
(まあ、一応。やってる時は楽しい)


IMG_5748.jpg
(「1ダラー1ダラー!買ってええ!」 『写真撮っとるっちゅうの!』)



そういや、ピラミッドって見るの初めてだな。
想像よりはちっこいな。
ってか登りてえええええ!!!


ティオティワカンやったら登れたのに・・・Yahagiめ!
いやいや、お世話になったしな。


ここのピラミッドは正面で手を叩くと反響でチュンチュンと音が返ってくる。
なのでツアーのガイドは大勢のお客さんを引き連れてピラミッドの前でなんども拍手してた。
ま、まあ、やってみるかな・・・

パン
 チュン

パン
 チュン


!!!

すげえええ!
なんで?
なんでやろ!
おもろいなあ!


NYにいた時、グラウンドゼロをみて、負の遺産について色々考えたけど、こういうマヤ文明の遺跡とかインカの遺跡とかはどうなるんだろう。
何万人もの人が生け贄で殺されて、心臓出されたり、池に投げ込まれたりしてたのに、こういうのはきれいな遺産。
やっぱ時間の問題?
そういう文化だからか?
もう終わった事だからかなあ?
うーんわからん。

もちろん、オレも悲しい気持ちになんかならないけど。



IMG_5627.jpg
(はしゃぐ下々の民)


IMG_5638.jpg
(アサラト練習 in チチェン。アフリカまであと3ヶ月!)



チチェンにはピラミッドの他に、昔の競技場とされている所や、女性が生け贄で投げられた池(セヌテ)とか、柱のいっぱいあると事か、戦士のなんとかとか。

どこもかしこも近くからみるだけ。
入れないし乗れないしさわれないし。
ふーん。

なので、想像力をフル回転で一生懸命昔の人の生活を思い描く!
やっぱこれしかないな、遺跡を楽しく見るのは。


お土産物屋さんの商品も、一回りすると同じものばっかになってきてツマラン。
なのでお店のおっさんとかと話すのが一番たのしい!


IMG_5700.jpg
(左の人も売り物。そっくりやないか!)


IMG_5719.jpg
(生け贄を投げた、池!)


IMG_5677.jpg
(まあ、一応。これもやってる時は楽しい)


IMG_5800.jpg
(駐車場脇で踊りの練習をするホテルスタッフに無理矢理参加)



3時を過ぎ、腹が減ったので、車に乗ってパックに含まれているホテルのバフェへ。
遺跡からちょっと離れた所の村にある、だれもいないバフェで肉を食いまくった。


みんなで『あ~、食いだめできればいいのに・・・』といいながら2皿とデザートを食う!

うめえなあ!
タコスに挟む用の肉が角煮みたいでうまいので、そればっかり食った。


チチェン遺跡は16:30に閉まる。
ウチらはレンタカーなので、よる19時からの遺跡ライトアップショー(パックに含む!)を見るために、時間をつぶした。


IMG_5810.jpg
(きびだんごに群がる手下ども)


IMG_5811.jpg
(今日のきびだんご1皿め)



2時間ほどバフェで粘り、車に乗って近くの村を散策する事にした。
来る時に通ったんだけど、田舎の小さな村で生活感がにじみ出ていてすごくいい雰囲気。
タイの田舎の感じに似ているぞ!

もう日は暮れていたけど、全然のどかで、村の人達が家の前でのんびりしていたり、話し込んだりしている。



初めはおそるおそる歩いていたけど、慣れてくると『オラ!』と声をかける。
誰に声をかけても「オラ!」と笑顔で返ってくる。

やっぱ、田舎の人達はイイぞ!

学校帰りの小学生とか、子供たちがいっぱいいたので話しかける。
子供はみんな人懐っこくて、カメラの前で恥ずかしそうにポーズをとった。
大人の人達もとても穏やかでやさしく、スペイン語で一生懸命話すとうれしそうに付き合ってくれた。



IMG_5836.jpg
(のどかな村の夜)


IMG_5838.jpg
(インターネットカフェ大人気!)


IMG_5847.jpg
(スト2、兄弟の真剣勝負)


IMG_5852.jpg
(庭のブランコ)




今月の20日あたりがメキシコの独立100周年なので、メキシコ全体がお祭りの準備をしている。
シティのライトショーもその一環なんだけど、ちいさな村でも広場にささやかなイルミネーションを飾り、楽しそうな雰囲気があった。

村、いいぞ!
チチェンより、いいぞ!
おまえんとこも世界遺産にしろ!


IMG_5860.jpg
(学校帰りのガキンチョス)


IMG_5869.jpg
(1歳児)



19時になり、また遺跡へ。

夜の遺跡は入れる所が限られていた。
木に吊るされた街灯にそって静かな林の中の道を歩き、ライトショーの客席へ向かう。
月があかるく、夜でも雰囲気がある。

ライトアップしなくても、シルエットで浮かび上がるピラミッドはとても幻想的で、遥か昔にいるような、そんな気分にもなれた。
マヤの人達もこの明るさや森の感じは一緒だったはず。
そう考えるとすごくワクワクする。
なんだかんだ、遺跡もいいなあ!


ショー自体は、非常に、ひじょーにショボく、開始5分で全てのライトを使い切ってた。
同じライトをゆっくりつけたり消したりしながら、スペイン語のおっさんの話がスピーカーから延々と流れる。

まったくわからんがな!
ていうか、わかっとるっぽい人達もつまらなさそうだ。

40分くらいでショーはあっさりと終わり、帰路につく。
木の間から見える月が、やっぱり印象的で、それだけで来て良かったと思った。


IMG_5913.jpg
(しょぼいライトショー)


IMG_5924.jpg
(なにやら不穏な空気・・・)



さて、帰るか・・・
帰りは高い高速道路を使わず、下道で返る事に。
皆が運転大丈夫?と心配してくれる。

ふっ、バカめ!
こんなの撮影あけの運転に比べれば、ケツでも運転できるぜ!


細く、くらい何も無い森の中の道をヘッドライトをたよりに延々運転する。
何度か小さな街や村を通過する。
どこものどかで、観光地じゃないのでそこに暮らす人達がのんびりと生活している様を車から見ることが出来た。




そして2時間ほど走った頃、森の中の道でそれは起きた。。。






運転していたオレは、真っすぐな、ホントに真っすぐな道を前の車に続いて走っていた。
遠くの道路脇に何かが落ちているのが見える。



うん?カバン?



良くわからない物体はだんだんとこちらに近づいてくる。
それを見つけれてるのは前の座席のオレと助手席のHiroクン。

空には月、左右は暗い森。
ライトに照らされた視界に見えるのは、遠くを走る前の車のテールランプ、センターライン、道路、右手の森の草。


・・・カバン




・・・カバン




・・・カバ・・ン?





・・・ひ・・と・・





!!!






オレははっきりと見た!


うぎゃあああああああ!!!!

うわっ!

うわっ!

うわああ!



『人が!人が死んどった!』

「?」

『いま!そこ!人が死んどったあああ!』

「!!!???!!!???」



たしかに!確かに50歳くらいのおっさんが仰向けに、上半身を道路に投げ出すように倒れていた。
頭の下には濃い色の液体が溜まっていた。
そんなに痩せていない、口ひげを蓄えた、白髪まじりの、おっさん。



たぶん、まちがいなく、しんでた。



車内はおおさわぎ。
Hiroクンもなんとなく確認していた。


ぎゃーぎゃーいいながらしばらくゆっくりと車を走らせる。
どうする?どうする?どうできる?
レンタカーの、スペイン語も話せない、日本免許のオレたちができることはなんだ!?

ちょっと道がひらけたところで、前の車がハザードをたいて停止し、Uターンしていた。
バックミラーでは後ろの車も停止したみたい。


「ゴメン」という気持ちと、得体の知れない怖さと、冷静に「なにもできない」と逃げる気持ちが一気に溢れた。

結局、相談してそのまま車を走らせた。





メキシコ。

なぜか、そこに死体が転がっていた事がたいした事じゃないように思えた。

そして改めて、自分が旅行者だという事を知らされた。








その後、なんどか激しい雨にあい、ゆっくりと走って無事、カーサ吉田についたのは夜11時過ぎだった。

その頃には、死体を見た興奮はビックリするほどなくなっていた。





IMG_5947.jpg
(大雨の後のカンクン)




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

えっっ
結局なんだったんでしょうか。
事故?事件?

しかし谷さんすごい楽しそう。



ラスベガスいきましょうか!

マヤ遺跡

有りですっ。
明日は久しぶりに高幡へ行きます。
タケシさんのバースデイです。

いやー知り合いがマヤ遺跡にいってるなんて感動ですね。
あたしも行きたい。

あの階段は
夏至だか冬至だか春分の日だか秋分の日だか
太陽との関係で年二回蛇があらわれる階段ではないですか!!!!!
登れないですね・・・
登れるのかと思っていました。

昔登れたアンコールワットも
修復中なのか危険だからかよくわからないけど
こないだテレビでみたら
私が登ったところは登ってなかったな
遺跡は風化していく一方だから
若いうちにいっとくべきですね


しかし死体・・・
メキシカンな感じですね。

サトシさんも気を付けてくださいね。

あっどーでもいいことですが
昨日別れを告げ晴れてフリーになりました。
明日の飲み会でやさぐれてやる(笑)

No title

有りちゃんマヤに詳しい!!
私はお土産のおさるの写真に心を奪われました。
そして村の子どもたち、目がきれいでみんなかわいい。

楽しくて盛りだくさんの一日の最後に、大変でしたね。
無事にペンションに着けて本当によかったです。

亡くなったおじさん、、せめて身元がわかってご家族の元に
帰れるといいですね。
もし私だったら、すごく動揺して混乱すると思うけど、
やっぱり同じ判断で宿に帰ったかなと思いました。
言葉も不自由な外国人旅行者で、ずっとそこにいられるわけじゃないし、警察の連絡先も事故の詳しいこともわからないわけだし。
、、なんか色々考え出したら寝れなくなりそうです@マイアミまもなく夜中12時。


No title

>たくちゃん
なんやろね?
たぶん、事故?
先に行ってて!

>有り
ノムによろしく!

>かんな
ときどき、自分の立場に腹が立ちます。
今は吹っ切れて、自分はあくまで旅行者、旅人だと思い始めました!
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。