スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲望の街べガス ~あンた、背中が煤けてるぜ~

11/11 Las Vegas ,USA


片道5時間かかり、15時頃、無事ラスベガスに到着。
踊る気持ちを抑えつつ、まずは今夜のホテル、サーカスサーカスへ!

IMG_4752.jpg
(本当は裏から入りました・・はい。)


ラスベガスのホテルは安い。
中級以上のホテルでも、ホテルはカジノで儲けるため、宿泊費は安いらしい。
カジノでは酒やタバコがタダで振る舞われる。
もちろん、無料のショーも沢山だ!


なかでも、ウチらが宿泊するサーカスサーカスは老舗で、1人1泊$35!
大盤振る舞いだな!ラスベガス!


ラスベガスの巨大でラグジュアリーなホテルの並びに驚き、ワクワクしながらサーカスサーカスへ。


ん?
ここ・・かぁ。

着いたのは、サーカスサーカスの裏門。
まあ、裏門ならしゃあないな。

ハリボテ的な出迎えに驚きながら、立体駐車場に車を入れる。


ん?
天井・・低いなぁ。


まあ、天井低い分、かなりの台数が停めれるし、駐車場なんて何でもいいもんな!
駐車場の中をフロントへ向かって歩きだす。

「なんすか?この足跡。なんかいっぱい付いてる!」
Takuチャンが言うので見てみると、手が届く高さの天井の梁に足跡がいっぱいついてる。
ふぅん、めずらしいデザインのインテリアだな。
さすがラスベガス!趣向をこらしてるな!


IMG_4855.jpg
(趣向を凝らしたデザイン、さすがラスベガス!)



裏のタクシー乗り場からホテルのロビーに到着!
さすが老舗!

ん?
ちょっと・・・暗くない?
あと客層が・・・?



いない!
リチャードギアがいない!
なんか、家族連ればっかだし、黒人ファミリーとか多いし、バックパッカーまでうろついてるし!
そこに同じ様な色のパーカー着た日本人の2人組が加わる。
なんだろう、このカオスな客層。

フロントのカウンターでは荒々しい受付の声が飛び交う。
そして、壁とかの彫刻がいちいちしょぼい。


『・・・まあ、安いしな、こんなもんだろ、老舗だし!$35だし!』


IMG_4749.jpg
(・・・安いしね)


最強に態度の悪い受付をなんとかクリアし、次の面へ進む。
部屋は・・・10階!
おお!安いのに10階!
このホテルは20階以上あるだろうけど、まあいいじゃん!

チーン!

中がひっかいた落書きだらけのエレベータを降りると、またもや天井が低い。
もしかして流行っとんのか?
背伸びもしてないのに・・手が届く。
廊下も薄暗く、狭い。


何人か、死んでるぞ?絶対。
カジノでやっちゃった人がさあ!

ここがロケ地ならキューブリックも「うん、いい雰囲気だ、内装このままで行こう!」と即OKを出しただろう。
そして廊下の奥から流れる赤い液体もちょっとで済んだはずだ!
まあ、双子の女の子が並んで立てるかどうか微妙だけど。



IMG_4751.jpg
(美術さん、いい仕事してんなあ)



微妙なホテルに苦笑いをしながら部屋に入る。
『なんや!古いけどけっこういいじゃん!』
「全然OKっすよ~!うわ~、ホテルっぽい!」
まあ、ホテルだからな、Takuチャン。

荷物を置き、疲れてる2人はとりあえずベッドでゆっくり・・などせずに、さっそく外へと繰り出す!

・・・・・遠っ!

そういえば、ピラミッド見たのずいぶん向こうだったぞ?
サーカスサーカスから、何もない工事中の壁を眺めながら1km近く歩く。
この辺歩いてる人は・・サーカスサーカスの客に違いない!


日が暮れかけてるべガスの街を、なぜかべガスの街に向かって歩く。
雲1つない乾いた空気の空は、すごくきれいなグラデーション。

20分後、腹ぺこのオレ達の前にはそれはそれはゴージャスな、ラグジュアリーな、
ハイソサエティーな、ええと、ビップな、うーん、うーん、まあ、そんな感じな街がドギャーンと出現した。


なんか、地球(♀)の胸元に光るネックレスの上をちっこいダニ2匹が歩いている感覚。


2人のテンションもあがるあがる!


IMG_4806.jpg
(ドギャーン!)



金ぴかのゴールドライタンみたいなホテルや、色んなイルミネーション、どでかいLEDモニターが貼られまくり、沢山の人がHAHAHA!と笑いながら酒を片手に歩いている。
負けじとTakuチャンもニマニマしている。
高級そうなブティックが並び、ショーの案内が色んな所にある。どこをみてもカジノがあり、ハリウッドよりちゃんとした大道芸人が小銭を稼いでる。


むかつく事に、道路を渡ろうと歩道橋を歩くと、歩道橋がそのままホテルに入って行き、自然とカジノへ誘導される。
なんどこの罠にかかった事か!

でも、街を歩いているだけで楽しい。
エンタテイメントの為にだけ存在している街。
建物の中も、外も、そこにいる人もエンタテイメントになっている。
どこのホテルもそれぞれテーマを持っていて、ホテル自体ピラミッドとツタンカーメンだったり、ニューヨークの街があったり、パリの街がエッフェル塔や凱旋門とともにあったり、ベネツィアの街には運河に小舟で遊覧していたり、薄汚れたツアー後半の巡業サーカスだったり。

本当に街を歩いているだけで楽しい。


IMG_4770.jpg
(一番ゴージャスに見えたとこ)


IMG_4824.jpg
(ベネチアンのゴンドラ)


IMG_4799.jpg
(エルビスも駆けつけてた。どれが本物だろ?)


IMG_4768.jpg
(ん?カジノ?あっち!)



途中、街で見れる無料の噴水ショーを見る。
ああ、想像していたよりもデカイ。
でも、でも、音楽がダセー!



IMG_4783.jpg
(噴水ショー!迫力!)



ラスベガスのいくつかのホテルではバフェスタイルのレストランがあり、結構安くホテルのバイキングを楽しめるようになっている。
それを前日の下調べで知ったTakuチャンはバフェを探す。
適当に入ったPlanet Hollywoodというホテルではあるはずのバフェが見つけられず断念。
近くのエッフェル塔が目立つ、パリスに向かう。
エッフェル塔の下はカジノになっていた。
建物の中は屋外をイメージしたインテリアになっていて、天井に空が描かれている。
本当に外にいるような錯覚になり、不思議な気分になる。


IMG_4794.jpg
(ホテル、パリス)


IMG_4810.jpg
(中は外の作り)


人に聞いてやっと見つけたバフェは大行列ができていた。
まあ、せっかくだから並ぶことにして、1時間ほど並んで入店。
$27!
まあ、ふつう・・か?


肉!肉!にくぅ!


腹ぺこだったのでとにかく皿に色んな肉を乗せる。
ドリンクも待ちきれずに2人してさらにかぶりついた。


『うめええええ!』
「バフェうめえ!」
『肉、肉!この肉うめえ!』
「いや、こっちの肉のがうまいっすよ!」
『生ガキ食うのTakuチャン!?ココ砂漠だよ!?』
「ビール頼みますよ、オレ!」
『寿司!寿司食うわオレ!』
・・・
大騒ぎだ。


大皿2枚たいらげ、動けない。
ああーうまかった!
「甘いもん食わないんすか?」
『え、まだ食うの?じゃあ食う!』

$27払ったんだからな!
とにかく食った。
本当にうまかった。
Takuチャン、泣きそうだ。


IMG_4812.jpg
(うめえッス!うめえッス!マジうめえッス!)


IMG_4815.jpg
(うむ、苦しゅう・・ある!満腹!)




食事が終わると、カジノ見物。
チェックイン時にボロいゲーセンみたいな某老舗ホテルのカジノを見た俺たちは、中心部の高級ホテルのカジノに完全に酔っていた。


IMG_4924.jpg
(これでも面積の1/5くらい。こんなのがドコにでもある)


ビカビカ光って所狭しと並ぶスロット台、レディス&ジェントルメンなディーラーと客。
ハレンチな衣装のドリンクサービスにフカフカの絨毯。

これはビビる。

どこにしようか考えながら街を歩いた。
となりのTakuチャンは相変わらず浮かれまくっていて、老舗のフラミンゴというホテルの前では、
「ここは老舗らしいすよ!」
とはしゃいだ後、
「あ!フラミンゴだ!」
と叫ぶ。
見てみると、どうみてもオウムな鳥が4羽、小銭を稼いでいた。
オマエ・・・浮かれ過ぎだろ。



IMG_4804_20101115001310.jpg
(この人が浮かれてオウムをフラミンゴと言った!)



結局、噴水のショーを見たバッジオというホテルのカジノへ!


Takuチャンはルーレットをやりたいらしい。
オレはブラックジャックをやりたかったけど、ちょっと様子を見ようとTakuチャンの後ろに立つ。
「お客さん、IDを見せて下さい」
オレのかわいい童顔が裏目に出たのか、TakuチャンがIDを求められていた。
学生証を見せると納得したよう。
ディーラー「さあ、あなたもよ。ID見せて」
ん?オレ?
オレ『ID(パスポート)ホテルに置いてきたよ?』
奥から怖いおっさん「IDないならゲームできない、入れない、一緒にいるなら友達もできないぞ!」


まじで!?


結局つまみ出された俺たちは、ながいながいあの道をとぼとぼと歩いてテントホテルへ。
ごめんね、Takuチャン。
ヘトヘトになってたどり着いた夜のサーカスサーカスはちょっとだけ、頑張っていた。


IMG_4837.jpg
(頑張れ!マイスイートホーム!)


パスポートを持ち、テントサーカスサーカスのカジノへ。
何度見てもゲーセン。客層も全然違って品がない!
なんだろう、カジノというより賭場だ、ここは!
ぜったいトランプじゃない!チンチロとか花札でもやってんだろ!?



すぐにテントを出て、向かいのカジノへ。
うーん、まあまあいいんじゃない?
高級すぎないし、レートも安いし、大衆っぽい感じも悪くないし。

奥を見ると、ちょっとしたステージで女ダンサーがセクシーに踊っている。
そしてディーラーがめちゃくちゃ美人!

『おい!ここだな!?ここでいいな!?』

2人してニヤけながら、早速ゲームに突入した。



・・・・・・



2時か3時頃テントに帰り、部屋をちゃんと見る。

『ん?電気ないぞ?』
「ないっすねえ・・・」
天井には配線の穴さえない。
そしてトイレの水はびっくり箱のように唐突に、ゴガッ!と流れ、いちいちビビらせる。
極めつけはアメニティ。
え?歯ブラシ無いの?
シャンプー2人で1個?
リンスないの?



うーん、安いのには沢山理由があるもんだな。



IMG_4853.jpg
(窓の景色はいわずもがな。・・・。)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ラスベガスをやっつけろ!

やっと、美味しいご飯にありつけた様だね。カメラ代は取り戻せたのか気になる!ラスベガスはやっつけた?
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。