スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例の国、ルワンダ 〜アフリカで一番行きたかった国〜

2/19 Bujumbura ,BURUNDI ~ Kigari, RWANDA


朝5時半に起きて準備をし、6時過ぎに宿を出た。
あいかわらず、自分とは思えないくらい早起き。

早朝のブジュンブラを、歩いてバスステーションへと向かうと、朝から出勤?の人が沢山歩いていた。

途中に会ったサッカー場ではサッカーの練習やバスケの練習。
またステーションへの道を沢山の人がジョギングしてた。

大学生っぽいかなあ?

なんか、みんな朝っぱらから運動しまくってて、不思議な光景だった。



CIMG2880.jpg
(ブルンジールワンダ国境。すごくワクワクした国境)



バスターミナルに着くと、昨日リサーチした"Yahooバス"というふざけた名前のバス会社へ。

事務所で12000フラン払い、パスポート見せ、乗り込む。
もうフランス語なんてなんのそのだ!



CIMG2870.jpg
(yahooバス。なんでもアリだ!)




トレーにおかしをいっぱい乗せた物売りからクッキー500フラン、マンゴージュース500フランを買った。
道中のお弁当にしようと思っていたけど速攻食べた。

客がいっぱいになるのを待って7:30にYahoo出発!



あぁ、長かったブルンジ。


数日前にキレイなバスで通った道をうさんくさいYahooバスでルワンダへと向かう。


すぐに雨が降ってきた。
窓が曇って寒い。


舗装されているのにバスは激しく揺れ、ごつごつと頭を窓にぶつけながら寝た。
起きるといつのまにやら国境についていた。




ん???


あれ?この前の国境と違う!!!
再会を約束した国境のおっちゃんには会えず。。。


寝ぼけた頭でなんとかフランス語を読み解き、出国カードを書いて手続き。
両替をすませ、橋を渡り、国境を越えるとバスが待ってる。
そしてなにやら作業服を来た人達。。。



あれ?オレの荷物が・・・


お???



開けられてる!
調べられてる!
勝手に!




怒りながら近づき、『なにやってんんあだあああ!』と怒鳴り散らさんばかりの気持で優しく声をかけた。


「荷物検査だ。カバンの中を見せろ」
・・・十分に勝手に見てんのに。


群がる男達を追い払い、『勝手に何すんだ!』と言いよる。
「オマエはビニール持ってるだろ、没収だ」
『おお!?』



CIMG2881.jpg
(国境強盗団、そろいのユニフォーム)



なんとルワンダ、環境保全のため、ビニール禁止。

そして没収。
洗面道具やお風呂グッズの入ったビニールや、下着を入れたビニール、非常食 "みそスープ" を入れたビニールなど、すべて没収された。



しかたなくエコバックに入れ替え、それでも怒り心頭なオレは国境警察の警官のところへ行き、
『名前と連絡先書け!なんか無くなってたら大使館を通して責任追及するからなっ!』
と大人かなんだかわからない言い分で連絡先を書かせた。


ムカムカしているオレを乗せてバスは出発、キガリへと向かった。





IMG_3873.jpg
(相変わらず山岳地帯。ブルンジと同じく山が多いルワンダ。キレイな景色が延々と続く)




さてルワンダ、バスの道中大量虐殺の事を考えてしまう。

車窓を流れる山間の村の景色は、とてもキレイ。
ビニールを没収しまくり環境を気をつけているこの国の道はゴミが全然落ちていない。

田園も多く、のどかな農村が続く。




IMG_3878_20120609215759.jpg
(チャリの人たち。のどかだ)


IMG_3881_20120609215800.jpg
(オサレ髪、よく見かける。やっぱ黒人にすごく似合ってカッコいい)


IMG_3897_20120609215758.jpg
(バスにいた子。アフリカ、子供が多い)





でも・・・、ここでも虐殺あったんだろうなあ。


当時は情報の大半がラジオだけだった。

きっと今なら起こらないんじゃないだろうか?
携帯、ネットがある今、同じ間違いは "同じ規模では" 起こらないと思った。

情報って大事だ。


日本は情報を選ぶことができ、多数が偏る事が少なくなった。
その分、自分達で情報を吟味し、判断する事も必要になる。
情報が多い分、文化も多様化し、音楽だってファッションだって多様化していく。
旅だって簡単だ。

その歪みはすごく日本をダメにしていると思う。

情報が多い事だって良い事ばっかじゃないなあ。
としみじみと思いながら、当時の恐怖を想像した。



虐殺のイメージ、そこから復興した事実。
良くない歴史だけど、国は良くなったと思った。
オレが見た2本の映画の影響は、すごく大きい。
極東の日本人がルワンダという国を知る多くのきっかけになっただろう。



そしてこれからは環境先進国。


すごくワクワクした。


IMG_3911_20120609215758.jpg
(大事そうに抱え、ドリフの準備)




途中の村で昼食を食べる。

ビュッフェ形式、1000フランでライス、ポテト、ふかし芋、肉、トマトソースをたらふく食った。
なぜか車掌さんが水を奢ってくれた。



CIMG2883_20120609222654.jpg
(ビュッフェというと聞こえはいいね。この方式、ルワンダには多い)


CIMG2882.jpg
(たらふく食える幸せ!)



狭い、クサイ、オレの席。どうやら座席の下にニワトリいたっぽい。
厳戒態勢のブルンジを出たので久しぶりに気兼ねなく写真を撮れて嬉しい。


いつの間にかまた寝ていて、ふと起きるとキガリに着いていた。


IMG_3912_20120609215757.jpg
(のどかなルワンダ、色んな事を想像してしまう)



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。