スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソースオブナイル ~6000km離れた嫌がらせ~

2/18 Bujumbura ,BURUNDI

今日は、7時にYukiと待ち合わせだ。
6時すぎに起きると今日も停電。
やべえやべえと慌てて出かける。

宿の近所から乗ったことも無いバスに飛び乗り、街の中心付近で適当に降りた。

待ち合わせのイミグレオフィス前でYukiと合流。
早朝のマーケットを抜けて100台以上のバスがごった返しているミニバスターミナルから、近郊の街、ムサカ行きのバスに乗った。



IMG_3720.jpg
(ブルンジの顔、人懐っこい顔)


ブジュンブラマーケットを出発して15分、すぐにムサカに到着。

街角のバス乗り場を探して歩くと、ミニバスのドライバーがソースオブナイルに連れてってくれると言う。

しかも2000フランで。
これはまあまあいい価格なんじゃないか?

ナイル川の源流、ソースオブナイルには良くわからんがピラミッドが建っていると言う。
なのでドライバーに『ピラミッド?』『ソースオブナイル?』と連呼して確認。
Yukiはフランス語でも聞いていた。

どうやらホントに行くらしい。


おお、順調だなあ!とミニバンの助手席に乗り込むと、まだオレ達しか乗っていないのにバスが出発した。


???


こっちのミニバスは、基本的に乗客がいっぱいになったら出発する。

なので空っぽのミニバスは出発が遅かったりする。
必然的に空っぽのミニバスは客を早く乗せたいので、オレ達は割引きなのかと思っていた。



なんだ?
まあいいか!


若干、大丈夫かなあと思いつつ、車がなぜかブジュンブラへ向かっている。


あ、あれ?

絶対に逆だ!
なんでさっきまでいたとこに戻ってんだ???



バスはさっき歩いたばかりのマーケットの近くを抜け、なんかデカイ建物の前で停まる。

「ここだ」




そう、世界一長い川、ナイルの源流だ。









ホテルソースオブナイル





・・・。


コラ。





2人してガックリ力が抜けた。

全然違うやないけ!
とドライバーに伝え、ムサカへと帰らす。
もちろん、ムサカについた途端にドライバー、「2000フランだ」



ムキー!



よくもヌケしゃあしゃあと!
絶対に払わん!と怒りをぶちまけ、怒鳴り合いになる。
なんだなんだと村人達が集まってきて、周りをみると30人以上の大騒ぎ。


むうう、数で押す気か!?オマエら!

こうなったらこっちは権力だ!

近くにいたポリスを捕まえ、自分達の正当性を雄弁に語った。



長い長い大騒ぎの末、見事勝利!
警官は払わなくていいぞ、と言ってくれ、別のバスに連れてってくれた。



いや、全然悪くないし。
ちゃんと紙に書いて説明もしたし。(Yukiが)


次のバスのドライバー、5000フランだと言う。

うーん、高いと思います。
たぶん2~3000のはず。


ラチがあかないので金を払い、水とパンとピーナッツを近くの露店で買ってギュウギュウのミニバスに乗り込んだ。



・・・。


き、キツいですお母さん。




ちいさなワンボックスの車に、数えきれない人が乗り込んでくる。

どのくらいかかるのかさっぱりわからないけどこりゃあ耐えるしかないな・・・。
と気を落ち着かせていると、もう席は無いのにまだドンドン乗ってくる。


となりの子供が苦しそうなので、しょうがなくオレの膝の上に乗せてやった。

けっこう親切だよなあ、オレ。


なのになんだろう、このガキンチョやまわりの人の何事も無かった感は・・・
もっと褒めなさいよ。

ガキンチョなんて、座り心地が悪いと言わんばかりにオレの太ももの上で自分のスペースをグイグイ確保してくるし。




そしてこのガキンチョ、


頭にカビが生えていた。




CIMG2824.jpg
(がきんちょを膝にのせ、長い道のり)




これはジンバブエ以降たまに見かけたんだけど、後で知った所、本当にカビらしい。


そして「おうおうかわいいなあ」と頭をなでようもんならウツルらしい。
そして1度ウツされてしまうと、病院で注射を打たないと直らないらしい。


そんなこともつゆ知らず、子供の頭を眺めながら「大変だなあ・・」と世界の貧困について考えて過ごした。




CIMG2835.jpg
(おいにいちゃん、その肉なんだ!?)


CIMG2836.jpg
(こんなミニバス、人はいっぱい)





あいかわらず多い検問をいくつも越え、物売りのゆでたまごを食うこと3時間、誰もいないさびれた丘の広場におろされた。


ソースオブナイルだ・・・。



雨が降ってきたので近くにあった見晴らし小屋で一休みしていると子供がよってきた。

おもちゃをもった子供とちょっと遊んだ後、雨が小ぶりになったのを見計らってソースオブナイルのピラミッドへと丘を登る。



子供もついてくる。



ちいさな丘の上にはナイル川の源流の碑、ピラミッドが建っていた。




IMG_3718.jpg
(少年、あそぶ)


IMG_3720.jpg
(ため息の出る目)


IMG_3721.jpg
(楽しみはどこにでもあるんだ)


IMG_3730.jpg
(ゼエゼエと丘を登る)


IMG_3741.jpg
(じゃーん!ピラミッド!)





・・・しょぼ。



丘の上の水気ないとこに記念碑あったってなあ。。。


なんだよー!と丘を降り、バスを降りたところに集まってきた他の子供達にソースオブナイルを聞いてみると、広場の脇のケモノ道を下ったとこにあるらしい。


半信半疑で子供の指差すケモノ道をくだると・・・あった!




岩の隙間から水が出ている!





パイプから。



なんだよー、情緒無しかよー

もっと、湧き水的なこう、ねえ。




それでも塩ビのパイプからじゃーじゃーと出ているそのリアルな源流は、とても現実的で川の始まりを感じた。




IMG_3748.jpg
(衝撃映像!ナイルの始まり、6600kmの旅の始まり)


IMG_3777.jpg
(川の産声、世界一のあかちゃん)


IMG_3771.jpg
(ためらいはなかった。源流、その言葉に浮き足立った)


IMG_3796.jpg
(もちろん、生活に必要な水。ナイルは多くの人の命)


IMG_3805.jpg
(みんな、かわいい)




集まってきた子供達とわいわい遊びながら、パイプの水を飲んでみる。


うまい。

もういっぱい




味気ないパイプから流れ出た水は、そのまま地面と一体化して小さな川となっていっていた。
これが何千キロも旅をして、数ヶ月かかって地中海へと流れていく。


すげえなあ!


一応、ナイルの源流のさらに上で立ちションをし、オレもナイルの源流となっておいた。

遥か彼方のエジプトの人ゴメンナサイ。





IMG_3812.jpg
(オマエは・・・バカだなあ!)


IMG_3834.jpg
(はいはい、登ったのね。撮りますよ撮りますよ)


IMG_3838.jpg
(源流を汲んで帰る青年、たくましい後ろ姿)


IMG_3843.jpg
(こどもはいい)


IMG_3775.jpg
(世界一の河の始まりで、名も無い村の子供達と)





13時、来たときと同じバスが待っていたので乗車し、帰路に着いた。


さっきまで楽しく遊んだ子供達が、変える時には手のひらを返したようにお金をせびってくる。



ふふふ、

さらばじゃー!




子供をムシし、いくつかのちいさな村に立ち寄りながら3時間ブジュンブラへと戻った。





IMG_3854_20111013030601.jpg
(ナイルの始まりでバイクを洗う)


IMG_3858.jpg
(アフリカの大地、赤い土がこびりつく)


IMG_3864.jpg
(山の多い国。人は延々と歩く)


IMG_3867.jpg
(立ち寄った村での出会い)


IMG_3869.jpg
(ちいさな村、のんびりと、でも力強い)


CIMG2837.jpg
(途中の村で買ったヤギ肉の串。スジっぽいけどまあまあうまし)




慌ててルワンダ大使館へと行き、閉館1時間ほど前に無事にビザをゲット!

が、代金を払ったレシートをホテルに忘れた事に気付く。



うおおおお、やべえ!


今日もらえないと土日をはさんで月曜になってしまう!!


背に腹はかえられず、慌ててタクシーでホテルへもどり、ちいさな紙切れを持ってすぐに大使館へと引き返す。
途中のんびりとガソリンを給油するドライバーにイライラしながら閉館10分前、なんとか大使館にもどりパスポートを受け取れた。


超ギリだ。



その後、Yukiと2人で市内をあるきながら、思い出の「ホテルソースオブナイル」の写真撮りに行った。


2人とも、前科持ちなのでこっそりとスパイのように撮影。



CIMG2861.jpg
ホテルソースオブナイル。ナイル川の源流)



ぶらぶらと街を歩き、昨日と同じブルンジNo.1食堂で飯を食ってYukiと別れた。


またどっかで会いそうだなあ!
会いたいなあ!



1人、タクシーで市外のバスターミナルへ翌日のバスを予約しに向かった。



この前国境まで行ったバスが明日は週末で運休らしく、予約はできなかったが明日の早朝初のミニバスの情報をゲット。



ふぅ、今日は疲れた。。


真っ暗な中、トボトボと歩いて宿へと帰った。


宿にもどると、受付のおっちゃんにルワンダビザを見せびらかし、ジュースを飲んで寝た。


はあ、ブルンジ、大変だったなあ。

明日はこんどこそルワンダだ。



あ、洗濯もん乾いた!




CIMG2838.jpg
(山あいの風景、のせすぎ)


CIMG2841.jpg
(なにもあげないぞ)




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おっ!

更新されとるね、見てるよ~@タイにいるタイ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。