スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうさ、今こそアドベンチャー! ~タンザニア、バス重い~

2/12 Mpanda ~ Kigoma, TANZANIA

今日は1日移動日になる予定。
朝6:30、暗いターミナルでバスを待つ。
しばらくするとバスが来たので、昨日も使ったビニールにバックパックを突っ込み、バスに乗せた。

バスの横の小さな屋台でクッキーと水を(2000シリング)で買って乗り込む。

うーん、狭いなあ。


バスが出発すると昨日と同じ景色がまた続く。
タンザニアの風景だ。

でも今日は村を見かけず、森や山など自然のなかを走り続けた。



IMG_3273.jpg
(この旅、最強となるだろう。今日の移動は・・・)





IMG_3268.jpg
(朝のンパンダ、いざ出発!)




もちろんの未舗装路はガタガタで、今までで一番ひどい。
上下左右に容赦なく揺れまくる。


前の子連れの若い女が子供にクッキーを買ってくれとねだってくる。
が、意味解らんので無視した。

物乞いなんて腐るほど見てきたけど、この人はなんか適当にねだってくるし。





IMG_3269.jpg
(何も無い、森の中を進む未舗装路(極悪))


CIMG2724.jpg
(あいかわらずのタンザニア)




11時、しばらく順調に走っていたとバスが停車。


前方を見ると路肩にトラックが突っ込んでいる!
トラックのタイヤはぬかるみにハマり、身動きできなくなっていた。

そしてトラックの横には巨大なぬかるみがあり、このままではバスも通れそうにない。


バスの乗客はみんなバスを降り、トラックの横の道をならし始める。

最近雨が降ったらしく、地面はゆるゆるだ。

ナタを持った乗客が周りの木を切り、地面に敷いた。


なんでこの人ナタ持ってんだ?まあいいや。


作業時間30分、バスは助走を付けてぬかるみを突破した。




CIMG2717.jpg
(おもむろにナタで木を切り始めるおっさん)


IMG_3273.jpg
(ドギャーン!身動き取れません)


IMG_3276.jpg
(いけー!アドベンチャー号!!!助走をつける)


IMG_3278.jpg
(無事通過!このトラックは置き去りの刑に・・・)




やれやれと行った感じでドロドロの乗客達はバスに乗り込む。


相変わらずの悪路は良くなる気配がなく、しばらく走るとさらに別のトラックが路肩に突っ込んでいる。


うーん、みんなアドベンチャー好きだなあ。。。



今度はさっきよりも大事だ。


ボツボツと大粒の雨が降ってくる中、みんなでトラックを押した。

たまにサボって写真を撮ってると「お前も手伝え!」と怒られる。
オレだって手伝ってんのに!


なかなか抜け出せないトラック。

そしてまんまとぬかるみにハマったオレ達のバス。




IMG_3288.jpg
(はい、こちらは2台目です。道はさらに悪路)


IMG_3301.jpg
(「手伝うでちゅ」)


IMG_3305.jpg
(「おい、おめぇも手伝え!」)


IMG_3307.jpg
(男達の見せ場。女はバスの中で眺める。「おい、もっと押せ!」)




雨が激しくなるとゾロゾロと一旦バスに避難する。

小降りになるとまた外に出てバスを押す。
2時間くらいかかって14時頃、なんとかバスが復活。


外の雨はさらに強くなってきた。




なぜかオレの座席は雨漏りして、オレの肩がビショビショになっていく。


バスゥ・・・雨漏りて・・・。

どうしようもないのでなるべく雨漏りに当たらないように背もたれにもたれず、とにかく耐えた。




さらに途中ぬかるみにハマったバスを押し、他の乗客と奇妙な一体感が湧いてきた頃、アイツがやってきた。

う・・・ウンコしてぇ・・・。



寒いわ雨漏りするわ何度もバスを押すわ道はガタガタだわウンコはしたいわ・・・大変だな、オレ。
ふとバスのフロントガラスを見るとバス外車の名前がでかでかと書かれている。



ADVENTURE


・・・。



もう何も言うまい。



ああ、お腹痛い・・。
なのにハラ減った。。。



延々とガタガタ道を走るが、途中に村なんて一切無い。
もちろん、途中停車も無い。
さらにバスの乗客がチーノチーノと笑いながらオレのウワサをするのが耳に着く。



おい!オマエら、さっきまでのあの一体感はどこへ行った!!!



タニシ33歳、いい経験してるな・・・。

関西人の悪いところは劣悪な環境におちいるほど "おいしい" と思ってしまうところだな。
まあいいけど。



おいしいから。




夕方17時頃、やっと森を抜けたバスは小さな(かどうかもはや解らないけど小さいはず)村に到着。
疲れた乗客に飯休憩だ。


村のせまい通りにドカンと停められたアドベンチャー号のまわりには物売りが寄ってくる。

乗客はなれた感じでそれぞれ食堂へと散って行った。






IMG_3311.jpg
(食事休憩!)


IMG_3313.jpg
(バス、ドーン!アドベンチャー!!)




何件か食堂を覗くが食堂というよりただの部屋だ。
イスも机もあったもんじゃない。

どうやって注文したのか、みんなニャマのスープを食っていた。


注文の仕方もだれが店員かも、さらにここが食堂なのかどうかもわからないので通りにいた物売りから新聞にくるまれたチャパティみたいなの2枚と肉の串焼き3本、焼きモロコシを買って食う(900シリング)

まあ・・・、うまい?
今は何食ってもウマいしな。


それよりウンコしたいのに、トイレらしきものがない。
そしてバスはすぐに出発するみたいで、車掌がオレに早く乗れと叫んでいる。






IMG_3319.jpg
(なにやらウマそうな肉とか。オレは右のスープが食べたいのに)


IMG_3321.jpg
(チャパティみたいなの。味、そんなにない)




ウンコを我慢したままバスが走り出すと、あたりは暗くなっていった。

霧に包まれた森や、ちゃぶ台を重ねたような特徴的な岩のある魔女の出そうな森を通り、キゴマへと向かう。



このあたりからバスは何度か小さな村に寄り、少しずつ乗客が減って行った。




IMG_3322.jpg
(途中の村。TBSも来てるみたいだな)


IMG_3324.jpg
(キゴマ手前の村。半分くらいの乗客降りてった)


IMG_3332.jpg
(この真ん中のおっちゃん、優しかったから写真撮った。2度と会わないけど・・・)


IMG_3334.jpg
(とてもウマそうに見えるバナナ。欲しい。お腹が痛くなければ)



21時を過ぎた頃、やっとタンザニア西端の町、キゴマに到着。
真っ暗な中、町には明かりも少なく、町の中心がどこかさえ解らない。



さらばアドベンチャー号。楽しかったぜ!



大変だった分、別れが惜しい・・なんて事は一切無く、さっさとバスを降りる。

バスの荷物をタクシーの客引きが持っていこうとするが奪い返し、とにかく宿探しだ。
暗い町をバックパックを担いで歩いた。




暗いキゴマの町には沢山の人がいて、暗いのににぎやかだ。

車やバイクもそこそこ走っていて、その度に道路脇を歩いている人のシルエットが浮かび上がる。
道路脇には肉の串焼きや果物、焼きもろこしなどの露店がちょこちょこと並び、薄暗い食堂やバーからはにぎやかな笑い声が聞こえてくる。


バスを降りたところから300mくらい歩いたところでホテルの文字を発見。
空き部屋もあるらしいのでさっそくチェックインした。(7000シリング)



今日はもう次のバスを調べる気にもなれないし、バスがあっても早朝に決まっているので2泊する事に。
シンプルだけど十分な部屋に荷物を置くと、例のごとく水洗(ケツを)トイレで我慢していた用を足した。



生き返った・・・



しかしこの水洗(ケツを)式は目が覚めていいな。
なぜか疲れも吹き飛ぶな。




腹が減っていたので、飯を食いに暗い町にでる。

イスがひとつしかない小さな食堂を見つけ、チキンとライス、コーラを食った。(3000シリング)
というか、それしかなかった。


食堂のお姉さん、両腕にヘナタトゥーを書いていてカッコいい!
『写真撮らせて!』
といってコンデジで写真を撮らせてもらった。

恥ずかしがるくせに何度か撮り直しさせられつつ、仲良くなる。
飯を食い終わって少し話しをし、ヘナタトゥーをべた褒めしたあと握手をすると、お姉さん、オレの手を離してくれない。



「ねえ、どこに泊まってるの?」



でたあ!

必殺だな、どこに泊まってるの攻撃。


『いやぁ、近所だよ!じゃあね!』
ごまかしてやりすごそうとするが、手を離してくれない。

そして見た事のあるうっとりとした目。


この姉さん、英語は単語程度で基本的にはスワヒリ語。

別にそれほどコミュニケーションが取れていたとも思えないのに。



グイグイと迫ってくるお姉さんに、
『今日はとても疲れてるんだよ。明日も来るから!(絶対来ない)』
と言ってなんとか食堂を逃げ出した。




CIMG2727.jpg
(これしかない食堂)


CIMG2729.jpg
(お姉さん、このヘナタトゥーを褒めたばっかりに・・・)




お姉さん、わざわざ通りまで出てきてオレを見送り、「約束よ!」(たぶん)と手を振った。

宿への帰り道、若い男が「クラブに行かないか?」と誘ってくれた。
が、疲れてるし若干あやしいので『明日ね!(適当)』と言って宿に引っ込んだ。



みんな、基本的にはフレンドリーで楽しい。



オレの中でアフリカに入ってしばらく怖かった黒人は、陽気でおバカで憎めない、好きな人達へと変わっていっていた。

やっとアルゼンチンの傷が癒えた気がした。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

若いな、タニシ

俺、岩手のとある山間(周りは“クマ出没注意!”の看板ばっかり)で今さっき野グソしたよ。商売柄いつでもどこでもできちゃうんだよね。俺は“マーキング”って言ってるんだけど。ちなみにちゃんとシャベル(俺もナタとカマとハンマーとシャベル携行してる=キャンプ用)で穴掘って埋めました。こないだ、みき亭も滋賀でしてたよ。タニシも各国で“マーキング”してきなよ(笑)

じゃーねー

No title

↑いや、野辺でマーキングはしてませんからっ!
でも日本各地のコンビニとSAではマーキングしまくりです。

私もいつクマやらイノシシやらマムシが出るかわからない山中を一人歩きしては、ビビりながら大声で歌っています(クマ避け)。
誰かに出会ったら恥ずかしいなと思いつつ、でもものずごく誰かと出会いたいのよ。
だってめっちゃ怖いもん。

タニシが世界を歩いて逞しくなっているように、私も日本各地を歩いてさらに逞しくなっているはずだぞ。多分。
そういえばまたちょっとだけ三重にも行ったぞ。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。