スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タニヒゲ危機一髪 ~アクシデントは起こるもの~

2/6 Lilongwe ,MALAWI

マラウィという国はマラリアの盛んな国。
アフリカで、いや世界の中で一番流行ってる!
ついでにHIVも流行ってる!

がんばれマラウィ、超頑張れ!

ということでオレは蚊対策に必死だ。
昨晩は寝る前に蚊帳の穴を一生懸命ふさぎ、ドミトリーのみんながいないうちにこっそり蚊取り線香を焚いた。

なのに・・・刺されてるねぇ、4カ所も。




IMG_2686.jpg
(わらわらと子供たち)




くっそう!
強いなさすがマラウィの蚊!

どっから入ってきたんだ???



まあいいや、とにかくバスターミナルに行かないと。



7時発のバスに乗るため、6時に宿を出発。
まだ起きていない町を歩いて30分、すでにバスターミナルには沢山のバス、人がいた。




CIMG2566.jpg
(早朝のバスターミナルへの道。アフリカの人の朝は早い)


CIMG2574.jpg
(リロングウェ、バスターミナル)





昨日チケットを買ったオフィスでバスを確認し、さっそく乗り込む。
さて、ンカタベイに行きますか!



やはり時間通りの7時にバスは出発。

1時間くらい走った後、バスの中で女の車掌さんがキップを確認しにきた。
まあ、いつもの事。


『これかい?お嬢さん』
と言わんばかりにさっとチケットを出す。

もちろん、人差し指と中指で挟み、アディオス!みたいにカッコ良く出した。




「ちがうわ、これ」

『何を言っているんだい?お嬢さん』

「このバスじゃないわよ?」


『は?』




ンカタベイに行くのは行くらしい。
んで、バスの会社がどうやら違うと。


え、ええええー!


3%くらいあやしいと思ったんだよなあ。。。

席が指定じゃなかったし。。



お姉さんに必死に子犬パワーを使うも、ダメ。
しかたなく、車内でもう一度1500クワチャを払うはめになった。


なんだよ・・・


やっちまったもんはしょうがない。
気を取り直してテキパキと働くお姉さんの仕事っぷりを観察した。





CIMG2581.jpg
(昨日買った、パン・・・パン?寿って。リロングウェは中国人が多い。店もしかり)


CIMG2584.jpg
(ねる。みんなねる。器用にねる)


CIMG2586.jpg
(殺気のこもった乗客!)


IMG_2649.jpg
(立ち寄った町の物売り。竿の上に商品くくりつけてバスの窓に突っ込む)


IMG_2651.jpg
(買う方も必死!)





外はとてもいい天気。
ンカタベイまでは途中で何カ所か寄りながら、6~7時間くらいかかるらしい。


緑の濃いマラウィの風景を眺めながら、ウトウトと
ドンッドババンッガガガガガッッッ!!!


!?


ゴンゴンゴン・・プシュー・・・・




ナンダナンダ!?

バス、停止。




初めのドンッの部分でケツが3cm浮いた。



なにやら運転手と客がワイワイ言い合っている。
そして次々外に降りて行く・・・。


おそるおそる外へ出てみると・・・
あちゃ~、パンクしてますな。
タイヤだけじゃなく、タイヤの上についていた鉄板がめくれ上がって巻き込まれている。


重傷ですな・・・。




外はど田舎の1本道。
近所にはボロい家が2軒あるだけだ。


なのにどこから湧いてきたのか子供たちが20人くらい集まってくる。
運転手と車に詳しい(?)乗客が一緒にタイヤを交換し始めた。





IMG_2675.jpg
(あちゃー、これはダメかもしれんね・・・)


IMG_2682.jpg
(向こう側のスペアタイヤ外し中)


IMG_2680.jpg
(どんどん集まる人。どっから来てんの???)


IMG_2686.jpg
(子供も集まる。君ぃ・・そのタイヤは違うよ・・?)





あ、あづい・・・



11時という時間もあって周りに日陰はほとんどなく、数少ない木陰は乗客のおばちゃん達が独占している。
おばちゃんはどこの国でも強い。

しょうがないので子供たちの写真を撮って遊んだ。


「キャー!」
「ワー!」

カメラを向けると子供たちは必死に逃げ回る。
写真とか撮られた事無いのかなあ・・


1人捕まえて写真を撮り、見せてやるとワラワラとガキンチョが集まってきた。
興味津々だ。

キャッキャ、キャッキャと変な顔したり、ポーズとったり大変だ。


騒がしすぎる子供はおっさんに怒られていた。





IMG_2696.jpg
(ウキャー!)


IMG_2698.jpg
(決め顔。持ちネタ。いい顔)


IMG_2702.jpg
(バスのタイヤ、半端無く重い)





あんまりはしゃいでると子供が怒られるので、オレもタイヤ交換を手伝うことにした。

後輪に片側2本着いているタイヤの、内側のタイヤがパンクしている。


1時間くらいかかってなんとかパンクしたタイヤを外し、スペアタイヤを取り出し、そのスペアタイヤをつけず(?)片方だけ1本にしたところで修理終了。



いいの?これで?



汚れた手で『グッジョブ!』と言いつつみんなと握手し、再びバスに乗り込んだ。


「バランスが悪いから」
そう言って30kmくらいでバスは進む。


こんなんじゃいつまでたっても着かないぞ?






IMG_2703.jpg
(さらば子供たち!たのしかったぞ!オレが)





1時間くらいごまかしごまかし走り、最寄りの村でバスは停車した。
さっきのはあくまで応急処置で、ここでちゃんと修理するらしい。



またゾロゾロとバスを降り、こんどは車屋さんの修理を遠目から眺めた。
おばちゃん達は相変わらずいい木陰をゲットし、優々とすごしていた。

村はのどかで田舎。
小さな商店が数軒ならび、町の中心地は道路沿い50mくらい。
でもどこから来るのか人が多く、明るい雰囲気だ。


歩くペースはとてもゆっくりで、空も道も景色も広く、時間がゆっくりと流れていた。



IMG_2705.jpg
(タイヤ修理の村)


IMG_2708.jpg
(修理中・・・)


IMG_2711.jpg
(ひまそうなギャラリー。自転車タクシー)


IMG_2713.jpg
(おばちゃん、木陰ゲット!)




さらに1時間、タイヤ交換終了。
待っている間、隣にすわっていたおっさんが水を奢ってくれた。


砂糖の生産で有名らしい村を出発し、今度は軽快にバスは進む。
やっと一安心だ。



とちゅう、停車した村で焼き魚を食ったり、バナナを食ったりしながら延々とバス移動。
たまに見えるマラウィ湖がとてもきれいだった。






CIMG2589.jpg
(魚売りの子供。衛生面は補償できませんが、ウマい!)


IMG_2660.jpg
(ウマそうな屋台。肉、ジュージュー!)


IMG_2715.jpg
(買った魚をバスの中に吊るす乗客。臭いって!)





結局、ンカタベイに着いたのは18時すぎ。
マラウィ湖畔の小さな漁村のバス停はもう薄暗く、人がごった返している。


客引きの1人を捕まえ、良さげな安宿に案内してもらった。


漁村から坂を登り、10分くらいにあるBigBlueStarというバックパッカーズ。


湖畔に並ぶコテージに宿泊だ!

安いしボロいけど、なんか、申し訳ないくらい優雅な安宿(1500クワチャ)。




IMG_2723.jpg
(ンカタベイ!これがンカタベイ!ちいさな漁村)




ハラが減っていたので荷物をまとめ、バス停の方へと飯を食いに行った。

腹ぺこで村の中心のレストランに行き、ウガリと肉、コーラ(280クワチャ)を食べる。



やはりウガリ、あなどれない。
手で食うのもなんかいいし。



宿は居心地が良く、スタッフもフレンドリー。

沢山の虫と一緒にシャワーを浴び、マラウィ湖を眺めながら、久しぶりにのんびりと過ごした。





IMG_2732.jpg
(夕焼け・・・)






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。