スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賄賂、行方不明事件 ~オレ、もう十分生きたのかな?~

2/4 Lusaka ,ZAMBIA ~ Lilongwe ,MALAWI

早朝4時、ドミのみんなを起こさないよう、暗闇で準備をする。
真っ暗な中、宿の門番を起こし、1人バスターミナルへ。

人も車もいない。
昨日、宿の人に『夜中に歩いて大丈夫?安全?」と聞いたら、「うーん、その時間なら・・・多分大丈夫じゃないか?」と曖昧な返事が返ってきた。
というわけで懐中電灯を手に持ちながらも、つけると目立つので暗いまま歩いた。

足元さえも見えない暗闇の中を。。。



CIMG2533.jpg
(おばちゃん笑顔すぎ!)





なんとかターミナルにたどり着くと、バスはもう準備できてた。

急かされつつ早速乗り込むと、バスは時間通りに出発。
アフリカのバス、時間通りに出発しないと有名だけど、まだそれには出会っていない。




バスの中のボロいテレビで流れる、地元TVを録画したコメディーショー。

オレが乗っているのを知ってか知らずか、コメディのネタはほとんどチャイナを笑ったものだった。


乗客はみんな大喜びで笑う。

なんで笑えるんだろう?
何が面白いんだ?




大声で叫びたかった。





とにかく意識を外に向けたく、ザンビアの田舎の風景を眺めながら、ウトウトした。




CIMG2459.jpg
(コンビニ・・・ですかねえ?本当なんもない)


CIMG2471.jpg
(村。メインストリートのみ)


CIMG2475.jpg
(ヒマそうな人。ヒマそうな人ばかり)


CIMG2486.jpg
(立ち寄った村のバス乗り場。なんかケンカしてた)


CIMG2494.jpg
(ここに家畜の囲いが出来上がります)





田舎の暮らしは、ナミビアを出る時に見たのと同じ、マンガに書いたかの様な原始的な暮らし。

木や藁で作った家には明らかに水も電気も無く、山や家畜と一緒に暮らす、自然と一体化した生活。

学校や病院などの施設なんて見当たらない。
店さえもかなり離れている。




うーん、こういう生活環境を見てしまうと、ザンビアの平均寿命が33歳というのにもうなずける。
とくに、子供の死亡率は半端ない。


という事は・・・オレが33歳だからザンビアの半分はオレより年下か!
なんだ、ザンビアでもっと偉そうにしてれば良かった。

なんてことは思わず、自分がのらりくらりと33歳になった事がザンビアではとても大変なことなのだという事を真面目に思った。






CIMG2507.jpg
(乗せてるねぇー。もう珍しくも何ともない。でもやってみたい)


CIMG2509.jpg
(放し飼いにもほどがある。もう村民だ)


CIMG2512.jpg
(ここはまともな(?)バスターミナルがある村。奥でみんな大好きビリヤード中)


CIMG2514.jpg
(途中で通過した村。これでも大きい村)


CIMG2522.jpg
(田舎の家々。いってみたいなあ)






いつの間にか寝ていると、隣のおばちゃんがオレを突いて起こす。

『なになになに?眠いのに!』


するとおばちゃんは「クッキー取りなさい」と車掌さんの出す箱を指差す。

車内食だ!

クッキーの後はコーラも出てきた。
全然豪華じゃないこのバスで、まさか車内食がでるとは思わなかった。



CIMG2452.jpg
(こんなところでお祈りができるとは!コーラ万歳!)


CIMG2532.jpg
(となりがいつの間にか子供に変わってた)


CIMG2533.jpg
(おばちゃん、写りたいなら言いなさいな)


CIMG2537.jpg
(学校まで・・・23KMて!そして途方にくれる人達。周りにはなんもない)





マラウィ国境に近づいた頃、若い、ガタイのいい兄ちゃんと仲良くなる。

彼もマラウィに行くらしく、一緒に行こうと誘われた。



バスは国境に一番近い村で停車。

バスを降りるとタクシーの運ちゃんが一斉に寄ってきて、国境までの客引き合戦が始まる。
一緒に行く黒人の兄ちゃんは、バスの中で国境へ向かう他の乗客を募集していたので、5人でタクシーをチャーター。
乗用車のトランクに荷物を詰め込み、20クワチャで国境へと向かった。




ガソリンを入れ、15分ほど走ったところでタクシーはなぜか何も無いトウモロコシ畑の真ん中で停車。

そしてドライバーの兄ちゃんは何も言わずに車を降り、進行方向へと走って行った。
残されたオレ達は「何が起こったんだ?」とざわつく。



10分ほど待ち、ドライバーの兄ちゃんが遥か彼方から走って戻ってくる。
まるで英雄のように。

聞いてみると、どうやら先で警察の検問があるらしく、賄賂をなんちゃら・・と言っていた。




タクシーがゆっくりと検問の方へと進んでいくと、そこでは2台ほど車が止められていた。
賄賂を払っているオレ達は、優々とそこを通り過ぎる。




「はーい、停まりなさい」



先に話をしていたはずのオレ達のタクシー、なぜか停められる。
ドライバーは連れていかれ、オレ達はまたも訳が分からない。



んー、賄賂は?賄賂はどうなった???



詳しく聞くと、ドライバーの若い兄ちゃんは車の保険が切れていて、タクシー営業をできないらしい。
しかもオレ達のタクシーのトランクに山盛りに積まれ、ロープで縛りつけられている荷物群が余裕綽々で違反らしく、降ろせ、と言われる。



いや、降ろせないでしょ。

降ろさないで下さい。





ごたごた揉めていると1台の車が来て、オレ達の溢れた荷物をどんどん自分達の車に積み替え始める。

そして、行ってしまった。
もちろん何も言わず、オレ達を残して・・・




ちょいちょいちょい、オレ達の荷物は!?


なんでいっちゃうの???
他の乗客も騒ぎ出し、オレも一緒になって警官にしぼられているドライバーに向かって怒鳴る!




10分ほどしぼられ、違反キップを切られたドライバーが戻ってきて急いで出発。

あぁ、オレのバックパック・・・、ここでお別れかもしれない・・・。
そんで賄賂は?払い損?



他のみんなも気が気で無い。
ついでにオレは賄賂が気になってしょうがない。


さらに15分ほど走ると国境に着いた。





おお!いた!

さっき荷物を積んで先にいってしまった車が国境で待っててくれた!
ニコニコとそのドライバーが寄ってきて、「オマエの荷物、あそこだぞ!」と言ってくれた。


1000クワチャな!オマエの荷物キープしといてやったんだから」
『は?なんでオレが払わないといけないんだ!タクシードライバーからもらえ!』

軽く怒り、荷物を引き上げさっさと越境、マラウィへ入国。





マラウィ側でも同じくタクシーを乗り合いでチャーター。

近くのコンビ(ミニバス)が出ている町まで同じメンツで乗り合った。


30分ほどで着いた町でさらにミニバスに乗り換え、マラウィの首都リロングウェへと向かう。




CIMG2542.jpg
(コンビに乗り換えた村。おなかすいた)




リロングウェに着いたのは15時頃。


バスターミナル周辺は人で溢れかえり、ごちゃごちゃした感じだった。
今まで滞在したアフリカの町で一番、アフリカらしい(?)空気を感じる。

そしてやっぱり歩くのが怖い。




CIMG2548.jpg
(リロングウェ、バスターミナル。ああ、日が傾く・・・)




目当ての宿の場所がわからず、タクシーで一緒だった兄ちゃんに一緒に聞き込みしてもらい、なんとか場所をしっているタクシーを捕まえる事に成功。
値切って値切って言い値の半額で乗車。

まあ言い値自体が危ういけどね。




中心地から少し離れたところにあるKiboko Campというキャンプサイト付きのゲストハウス。

ヨーロッパ系の観光客で溢れ、騒がしい感じだ。
ドミトリーのベッドが空いていたので無事にチェックインできた。


今日はなんか疲れた。。。



宿で豆かけご飯のような飯(600クワチャ)を食い、暗闇の中洗濯して就寝。



マラウィ、リロングウェ。
旅を計画するまでよく知らなかった国や街。


そしてまたさらに、アフリカに入った気がした。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お上手!!

日常が大変と思われるが
段々尺度が旅人になってきてますな

ブログも文字数少なくおもろいですよ

アフリカ過ぎれば又
太くなりますよ!! 楽しみですな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。