スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全てはこの日の為に ~ケツ、改造計画~

1/28 Harare ,ZIMBABWE

狭い、臭いバス。

その狭さは今までになく、微動だにできない。
け、ケツが痛ぇ・・・

浮かせる事も、ずらす事も出来ないケツはずいぶん前から悲鳴をあげ、まっぷたつに割れてしまっている。

早く付け・・・
念仏のように頭の中で繰り返した。



IMG_2311.jpg
(アフリカンダンサーズ。頭にカビが生えている子が踊る、ノリのいいダンス)






バスはブラワヨというジンバブエ第2の街で停車し、小さな町もいくつか停車しながらハラレへ向かう。

いつまでたっても隣のおっさんは降りて行かず、窮屈な体勢でとにかく耐える。


関東なで肩協会副会長のオレは、こんな日が来たときの為に33年間なで肩に磨きをかけてきた。
ついに、オレのなで肩が活躍する日が来たのだ!


でもおっさん、あんたも磨きをかけないと・・・
こう、2人で協力しようよ・・・。




CIMG2240.jpg
(きゅうくつ。いや、ぎゅうくづ、そのくらいキツイ)


CIMG2242.jpg
(途中の町のバスターミナル)


CIMG2250.jpg
(雨。ジンバブエ、雨期)


CIMG2259.jpg
(ひまそうな子。遊びなさい!)





アフリカのバスで多い、2席&3席タイプの座席配置。

通路を挟んで左に2席、右に3席となっている。
バスの幅は普通の幅なので、通常の観光バスよりも1席多く取っているのだ。
そしてその座席は狭く、普通に座っても肩が必ずはみ出る。

なで肩の人でもだ!


きついよぅ・・・




蒸した車内は雨の窓ガラスを曇らせ、車窓さえも楽しませてくれない。


臭いし。
別にいいけど。





IMG_2298.jpg
(途中停車中、踊る女の子達)


IMG_2311.jpg
(バスの中から声をかけ、踊ってもらう!)


IMG_2296.jpg
(はぁ、かわいい。でも踊りはすごい。アフリカノリ!子供なのに腰がすごい動く!)





10時頃、バスはハラレの小さなバス停に到着した。


バスを降りると1人のタクシーの客引きが寄ってくる。
もういつもの光景だな。。

とりあえず、どのくらい遠いのか解らないので値段交渉をし、宿へ向かってもらうことにした。



宿は中心からすこし離れたところにある安宿。
ハラレの宿も高く、一番安いと聞いているこの宿でも最近値上がりして1泊US20ドルだと言われた。
ちなみに予定していた金額は1泊US7ドル。

どんだけ値上がっとんねん!!


これはヤバい。
早くハラレを離れないと・・・。




CIMG2263.jpg
(値上がりし放題、今日の宿。客はジンバブエ人ばっかり)





ハラレでする事は、今後訪れる国のビザを取る事だ。
しかも、エチオピアビザは隣国ケニアで取れないらしいので、ここで取ってしまおうと考えた。

そして今日は金曜日。
今日中に行って申請しないと、月曜までなにもすることが無くなってしまう。

さっそく、雨降るのハラレの町へと繰り出した。



CIMG2266.jpg
(ビル!久しぶりに見た)


CIMG2270.jpg
(雨上がりのハラレ。怖くて写真撮れない)




ハラレの町は都会だ。

でも、他のどの都会とも違った、不思議な空気を持っている。
道は広く、中心部にはビルも建つ。

人もとても多いのだが、なぜか活気が感じられない。
雰囲気が、暗い。


まるで病気に冒されているかの様な雰囲気を感じた。




まずは歩いて日本大使館へ。

旅の途中、あまり日本大使館を利用する事はないが、今回は情報が欲しい。
中心部でもひときわキレイで近代的なビルの4階に、日本大使館はあった。



久しぶりのエレベーターに乗り、厳重な荷物チェックを受けた後、中に入る。

出てきた担当官にハラレにあるエチオピア、ケニア、タンザニア、ブルンジ、ルワンダ、ウガンダの大使館の場所を聞いた。
親切に調べに行ってくれた職員が、地図を持って説明してくれる。
どうやらブルンジ、ルワンダ、ウガンダ大使館はないらしい。


ブルンジ、ウガンダ、ケニア、タンザニア辺りは国境で取れると聞いている。
でも手間取る事が多いので、取れる事なら取っておきたい。
エチオピアはマストだ。


もらった地図を見ると、ケニア、タンザニア大使館は中心から近かったが、一番目当てのエチオピア大使館はけっこう離れているようだった。


ついでに治安情報を聞き、大使館を後にした。





CIMG2267.jpg
(日本大使館のあるビル。さすが金持ってんな、一番いい立地、一番いいビル)




日本大使館のある大通りを、北にまっすぐ3kmほど歩く。
とにかく真っすぐ真っすぐ、土砂降りの雨の中を歩いた。


大通りは舗装されているが、歩道は未舗装で、雨でぐちゃぐちゃになっている。
その雨もだんだんと激しくなり、ちょぼちょぼとしか歩く事ができない。

まさにたにし!
カタツムリみたいなもんだしな!




大体大使館は16時頃に閉まってしまうので、カタツムリなりにも、なるべく急いで歩いた。


40分くらい歩いたところで、15時前にエチオピア大使館を発見。

ギリギリだ!


さっそく申請をする。
必要なのはパスポート、パスポートのコピー、写真、20ドル、そしてレター。



ん?レター?


何?レターって。
ラブレターはずいぶんともらっていない。

そんなもん、持っていないぞ?




聞くと、大使館か今滞在している宿で推薦状の様な物を書いてもらい、提出しないと行けないらしい。
が、英語が苦手なオレはそれも良くわからない。

しょうがないので一か八か、オレの持っているフライトスケジュールのコピーを見せてみる。
『これでエチオピアからカイロに飛ぶんです。ケニアから陸路で入るつもりなんです!』
ありったけの説明をすると、とても態度がデカく、怒り口調の怖いおばちゃんがなんとか受け取ってくれた。


おお、なんとかなるもんだなっ!



「じゃあ月曜日の午前中に取りにきてね!あ、レターのコピーがホニャラララ・・」
『オッケーオッケー、サンキュウ!』


さらに強くなっている雨の中、大通りで捕まえたミニバス(1ドル)で市内へと戻った。




とりあえず中心部でバスを降り、アフリカン・ユニティ広場にある観光案内所へと向かう。


薄暗いオフィスの中で宿の情報を聞いてみた。
『安い宿をさがしてるんだけど、知らない?』
色々調べてくれるが、ハラレの市内に安い宿は無いらしい。
オレの泊まっているところが20ドルだというと、それが最安値だと教えてくれた。


まじか・・・。


月曜までで60ドル。
さらに他のビザを取ると1日20ドル。
これは痛い。


でも、しょうがない。
一瞬、近郊の村にでも遊びに行こうかと考えたが、土砂降りだしやめた。



案内所を出ると町を散策。
インターネットカフェを調べたり、スーパーを探す。

若者向けのショッピングストリートでチキンのファーストフードショップを見つけ、ハンバーガーを食った。
隣にはネットカフェ、向かいにはスパーがある。


よーし、ここまで中心に来るとなんとかなるな。


スパーでパン、水、蚊取り線香(←これは嬉しかった)心の友ポテチ、神様コーラ、ジャムを購入。
宿へと歩いて戻った。




ハラレ、怖い。

なにが怖いかわからんし、大使館でも日中は大丈夫だよ、と言ってもらったけど、カメラを出す気にはなかなかなれない。

ブエノスの悪夢がいまだに尾を引いている。




はっきり言ってここまでのアフリカは観光だ。
そしてこのハラレ以降でアフリカのリアルな姿が見えてくるだろう。

はやくこの恐怖から脱却しないと。。



宿にこもり、ベソをかきながらパンをかじり、しんみりと考えた。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

きゅうくつなバス…大変でしたね
おしりが割れてしまった…に笑いました。
こちらはまだまだ寒いっす。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。