スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タニ・ダカールラリー ~鳥の命と引き換えに~

1/24 Sesriem ~ Windhoek ,NAMIBIA

4時半、ゴリッと起床。

テントをマッハでたたみ、荷物を車に積み込む。
昨日の夜に調子に乗って洗濯した服はまだ乾いてなかったのでそのままにして、5時15分、急いでゲートへと向かった。

すでに開いていたゲートを通過し、昨日と同じ道を80kmで走り、DUNE45へ。
今日は昨日の夕景よりもさらに人が多い。

冷たい砂を、裸足で登った。



IMG_1613_20110219075409.jpg
(大自然の前では、国無し人種無し宗教もほとんど無し)





IMG_1631.jpg
(砂漠が徐々に明るくなっていく)


IMG_1644.jpg
(やわらかい光と赤砂の粒子)


IMG_1613_20110219075409.jpg
(DUNE45を登る人たち。朝も早くからごくろうさまです)


IMG_1657.jpg
(この人プロカメラマン。ハッセルブラッド使用)


IMG_1656.jpg
(この人メンドクサガリマン。Photo by Pro)


IMG_1607.jpg
(どっちかっていうと、夜?)


IMG_1672.jpg
(もうすぐ日が昇る・・・。地平線が黄金に染まっていく)


IMG_1665_20110221192640.jpg
(夜から朝へ、宇宙のシステム。なぜかガンダムを思い出した)





日の出はまあ、まあ。


ぶっちゃけ目で見るより写真で見た方がキレイだ。


明るくなってしまうと冷める感じが、日の出のダメなところ。
でも逆に、その瞬間のみ美しい刹那的な部分が、夕日よりもいいところ。





日が昇り、あたりが明るく見渡せるようになると、ハッと我に返る。
早く帰らなきゃ!


今日は急いで帰らなくてはならないオレたちだけDUNE45を駆け下りる。


まったくナミビア、大忙しだらけだ。





IMG_1687_20110221192639.jpg
(おばあちゃんもはモコモコ降りる)


IMG_1707_20110221192639.jpg
(砂走りの術。超早い。1歩2m)




キャンプサイトに戻り、乾かしていた服をぬれたまま取り込み、サイト内の掃除。


8時半、大慌てでキャンプサイトを離れた。
車の返却時間は1時間おまけしてもらって13時。


あと4時間半。

距離は350kmくらい。
道は不明。

ギリギリやな。



昨日通った道は凸凹感がわかるのでけっこうなスピードで走れた。

でも新しい道に入るとやっぱり集中。
昨日よりもボコボコの道がめだつ。


山道も通り、広い真っすぐな平原を通る。




途中で曲がらないといけないはずなので、注意して走るが、それらしい脇道が見つからない。
どうしよう・・どうやら道に迷ったみたいだ。

パナソニック、調子悪い。


Yukiと悩みながら暴走していたその時、




パサッ バンッ!


鳥はねた!

う、うわぁ・・・



脇から出てきた、ハト大の鳥。
運転席のフロントガラス直撃!


ああーごめんよ・・・。

メキシコでは死体を見つつもそのまま通過したオレ、とりあえずそのまま走った。



相変わらず脇道が見つからないので停まって道を調べる。

時間が無い!

しかも道を訪ねる人なんてこの1時間ほど全く見ていない。
このまま行っても、もどっても間に合わないかもしれん。


でもこのまま行ったら確実に間に合わないので、引き返す方に賭ける。




20分ほど戻り、途中の細い脇道に入り、さらに険しい悪路を進む。

なんとか合っているみたいだけど、40分のロス。
とにかく悪路を集中して急ぐ!

後ろの皆さん、爆睡、いいなあ。




1時間ほど細い道を進むとメインの舗装されたハイウェイに着いた。
ガソリンがヤバかったので見つけたスタンドで返却分まで入れ、先を急ぐ。



もうすぐだ!というところで警察の検問。

問題ないのにパスポートチェックなど10分ほど足止めをくらい、焦りながらヴィントフックにたどり着いた。



町のハズレのレンタカー会社にYukiのナビで到着したのは、返却時間ぴったりの13時。
メイクミラクルですねーええ。



無事、車を返却しバスターミナル(ほぼ駐車場)のインフォメーションに送ってもらった。



インフォメーションで荷物を整理し、バス情報を聞く。


隣の国、ボツワナへ向かう道は2つ。
1つ目は長距離バスでナミビアの北部を通り、ザンビアへ抜ける手前でバスを降り、自力でボツワナの北に入る。
2つ目はヴィントフックから東方面へミニバスで向かい、途中の町からヒッチハイクをして国境へ、そこからさらにヒッチハイク。

個人的に惹かれたのは2つ目のヒッチハイクだけど、時間がかかりそう。

ボツワナに用事はそんなにない。
強いて言うなら、ボツワナの町をいくつか見たいのと、北部にあるチョベ国立公園のゾウの群れだ。

時間短縮にも、1つ目かなあ。




荷物をインフォメーションで預かってもらい、今日のバスチケットを買いに行くことにした。
迷っているTomoya以外の皆も、同じルートだ。


ヴィントフックではスーパーにあるチケットオフィスや、旅行会社でチケットを買う。
でも2件スーパーをまわるが、どちらも購入できなかった。


しょうがないので中心部にある旅行会社でチケット購入。
無事に足が確保できたところで、一旦解散し、自由時間にした。



オレはYukiと近くの屋台でハンバーガーとホットドッグ、コーラを買い、ベンチで食う。

その後Yukiと別れ、市内観光した。

まあ、観光っていってもブラブラするだけだ。
見所も無いし。




CIMG2059.jpg
(ヴィントフックの町。黒人ばっか)


CIMG2053.jpg
(中心にある、新しく大きいショッピングモール)




やっぱりまだアフリカが怖く、ほとんどカメラは出せず、ちょこまか歩いて終了。


インフォメーションに戻り、荷物を受け取ると、皆で決めた集合場所でもある、近所の公園にあるカフェに行ってネットをしながら時間をつぶすことにした。


コーヒーを頼み、3時間ほど粘る。

皆も粘る。




CIMG2060.jpg
(zoo-cafe。粘る。迷惑がらず気持ちいい接客!ありがたい)



バスの出発の30分前にターミナルへ向かうと、もうバスは来ていた。

ここではなぜか荷物の重量チェックがあり、バックパックを計ると20kgジャスト。

「パーフェクト!」
ぴったり制限内!
なぜなら重いカメラやパソコン、その他重いものはディパックにつめて手荷物にしてあるから!


誰とは言わないが、さすがだなあ!



Yukiはその辺が上手くいっていなく、かわいそうに23kgで超過料金を取られてた。


18時のバスに乗ってヴィントフックを離れる。
このルートのバスは月曜、金曜の2本のみ。

今日乗れて本当によかった。



CIMG2070.jpg
(さらばヴィントフック)


CIMG2084.jpg
(バスの中で日が落ちる。何度も見た光景、毎回新鮮な光景、センチメンタルジャーニー)


CIMG2085.jpg
(休憩時、夕日で虹がかかった。虹、なんで旅だとよく見るんだろう)


CIMG2086.jpg
(不思議な色にそまる、アフリカナミビアの空)




明日の午前中にはザンビア手前の町に到着する予定だ。



途中、トイレ休憩で見た虹と夕焼けがすごくキレイで、ナミビアはいつもキレイな風景を見せてくれたなあと感心した。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たにし、知っているだろうけど北アフリカは今凄い事になっている。
チュニジアをきっかけにエジプト、リビア、バーレーン、イエメンなどの中東の国々に革命の波が押し寄せている。何百年も続いた腐った政権がくずれているのだ。それを成し遂げたのはフェイスブックとツイッターだ。ネット革命と呼ばれている。政府が検閲出来ないリアルタイムな機能を持った事で爆発的に大規模なデモに発展した。エジプトなんかは革命を引っ張っているのは25歳の青年だよ。こんな事は生きているうちに起きないだろうと思ったことが実際に起きている瞬間だ。
まだまだだろうけど北に向かえばその影響を、熱気を感じるかもしれない。
その辺の情報を探った方が良いよ。モロッコにも革命の波は広がっている。危険で入れないかもしれないよ。

No title

>マスター
少ないけど、情報入ってきています。次にいくウガンダでも現在情報規制を行なっているとの情報が入ってきました。北アフリカ、できるなら今起こっている事を感じてきたいと思っています。まだ情報が少ないのでこれからですが。。。
やっぱり世界は動き続けている事を、日々痛感しています。
アフリカ滞在、伸ばすことにしました。

No title

そう、まさに今!!アフリカは激動の夜明けに立っている感じがするよ。
その当事者の目線に近いところで感じるのは今を感じる事になる。
ただし、危険は回避してください。
リビアでは沢山の死者が出ています。

北のルートで聞きたい事あったら言ってください。
こっちで調べられる事は調べてあげるよ。

No title

>マスター
アフリカで想像以上の携帯普及率。そしてネット普及。
自分で情報を入手できるという事が自由に感じつつ、制限された自由であることを今回の北アフリカの事件で痛感しました。
今いるルワンダ、情報源がラジオしか無かった時代、自由に情報が入手できれば虐殺は起こらなかったと感じています。
北アフリカ&中東はエジプト、ヨルダン、イスラエル、シリア、モロッコを考えています。
行けるかどうか、まだ分かりませんが。。。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Umucho (a.k.a.タニシ)

Author:Umucho (a.k.a.タニシ)
1977年生まれ、映像ディレクター
2010年10月末より世界一周の旅へ
2011年6月帰国


地図好き
おなか弱い
子犬パワー
めんどくさい


equipment:
(CANON EOS 7D)←殿堂入り
CANON EOS 60D←New!!!
CASIO EX-G1


ルート

より大きな地図で TANISHI_TRIP-MAP / 2010-2011 を表示

pilgrims
Twitter

follow tanishi_bal at http://twitter.com
月別アーカイブ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。